リネッタ 四大大会で初の4強

リネッタ 四大大会で初の4強

  • tennis365
  • 更新日:2023/01/25
No image

GS初4強を決めたマグダ・リネッタ : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク45位のM・リネッタ(ポーランド)が第30シードのKa・プリスコバ(チェコ)を6-3, 7-5のストレートで破り、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>ジョコビッチ、チチパスら全豪OP男子 組合せ<<

>>全豪OP女子 組合せ・結果<<

両者は10度目の顔合わせでプリスコバの7勝2敗。直近は昨年11月の国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップのプレーオフ、「チェコvsポーランド」のラウンドロビンで対戦しており、そのときはリネッタがストレートで勝利した。

2年連続7度目の全豪オープン出場となるリネッタは今大会、1回戦で世界ランク54位のM・シェリフ(エジプト)、2回戦で第16シードのA・コンタベイト(エストニア)、3回戦で第19シードのE・アレクサンドロワ、4回戦で第4シードのC・ガルシア(フランス)を下し、グランドスラム初の8強入りを決めた。

この日の第1セット、いきなりブレークを許したリネッタだったが、第2ゲームでブレークバックに成功。その後の第5ゲームから3ゲーム連取に成功し、35分で先行する。

続く第2セット、お互いにサービスキープが続くもリネッタは第10ゲームから3ゲームを連取し、1時間27分で勝利した。

試合後の会見でリネッタは初のベスト4進出について「まだ本気で信じていない。グランドスラムでも大きなコートでプレーしてきたので、その経験は豊富だと思う。これまで大きなコートで多くのビッグプレーヤーと対戦してきた。私にとって新しいことは何もないわ」と語った。

勝利したリネッタは準決勝で第5シードのA・サバレンカと対戦する。サバレンカは準々決勝で世界ランク64位のD・ヴェキッチ(クロアチア)を6-3, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加