3DMark、AndroidとiOS、Windows対応のクロスプラットフォームベンチマーク「Wild Life」

3DMark、AndroidとiOS、Windows対応のクロスプラットフォームベンチマーク「Wild Life」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

コンピュータの各種性能を計測するベンチマークテストアプリケーション「3DMark」を開発、提供するUL Benchmarksは、AndroidとiOSなどのモバイルデバイスの他、Windowsにも対応してグラフィックス性能を比較できる「3DMark Wild Life」を発表した。モバイルデバイス向けは無料だが、Windows版はAdvanced Editionのライセンスが必要になる。

ROG Phone 3レビュー ゲームに必要な機能を網羅! 最高峰をうたうゲーミングスマホが上陸

Wild Lifeは、ハイエンドスマートフォンから軽量ノートPCまでを対象に、GPU性能を計測するベンチマークテスト。クロスプラットフォームを実現するため、WindowsとAndroidデバイスではVulkan graphics APIを用い、iOSデバイスではMetalを使用している。短時間での性能を計測するモードと、20分間実行してパフォーマンスを計測するストレステストのモードを用意し、実行時に選択できる。

既に提供が開始されており、各種デバイスから利用できる。Androidでは「3DMark」アプリのアップデートとして導入され、iOSでは「3DMark Wild Life」アプリを単体で提供。Windowsでは3DMark Advanced EditionにDLCとして提供する。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加