偶然?狙われた?...山口MF、外国籍2選手から立て続けに“レッド級”ラフプレー受ける

偶然?狙われた?...山口MF、外国籍2選手から立て続けに“レッド級”ラフプレー受ける

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/02
No image

[5.2 J2第11節 町田0-2山口 Gスタ]

2日のJ2第11節・FC町田ゼルビアレノファ山口FCで起きた2つのラフプレーに対し、SNSを中心に批判の声が上がっている。

1つ目は、山口が2-0とリードして迎えた後半アディショナルタイム1分。空中戦の競り合いで山口MF田中陸に対し、町田MFマソビッチがアフター気味に激突した。田中はピッチに倒れ込み、試合は一時中断。マソビッチはボールを見ず、曲げた右脚から突っ込むようにして田中と接触しており、山口側からはカードを要求する声も飛んだ。

田中は立ち上がってプレーを再開させたものの、“災難”は続く。2つ目は、直後の後半アディショナルタイム3分だった。田中が自陣の右サイドで倒れながらクリアを試みると、ブロックに行ったのはFWドゥドゥ。左足に当てたボールがタッチラインを割った後、ドゥドゥはその左足でジャンプし、倒れた田中の左太ももの内側を右の足裏で踏みつける形となった。

山口側はこのプレーについても抗議。しかし、J2ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)はなく、ドゥドゥはマソビッチに続いてカードなしとなった。

しばらくスタッフの対応を受けていた田中は大事に至らず、最後までプレーを続行。山口はそのまま2-0で勝利を収めたが、SNS上では田中の状態を心配する声も寄せられている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●[J2]第11節2日目 スコア速報

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加