実写映画「ハケンアニメ!」監修を東映アニメーションが担当、劇中アニメにI.Gなど参加

実写映画「ハケンアニメ!」監修を東映アニメーションが担当、劇中アニメにI.Gなど参加

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/11/25

辻村深月の小説「ハケンアニメ!」を原作とした映画が、2022年5月に公開。同作の監修を東映アニメーションが務める。

No image

映画「ハケンアニメ!」ティザービジュアル

すべての画像・動画を見る(全8件)

「ハケンアニメ!」は、アニメ業界を舞台にプロデューサーや監督、アニメーターなどアニメ業界関係者をめぐるドラマを描いた作品。新人監督の斎藤瞳はデビュー作で、憧れのスター監督・王子千晴と覇権を争うことに。過去にヒット作を生み出し、天才として名を馳せる王子は、プロデューサーの有科香屋子とタッグを組み8年ぶりに監督復帰を果たした。瞳はクセ者プロデューサー・行城理や個性的な仲間たちとともに、“ハケン(覇権)アニメ”の称号を手にすべく奮闘する。小説の挿絵はCLAMPが務めた。

瞳役は吉岡里帆、王子役は中村倫也、行城役は柄本佑、香屋子役は尾野真千子が担当。監督は、映画「君の名は。」にCGクリエイターとして参加し、数々のCMやPVを手がける映像作家・吉野耕平が務める。また劇中アニメ「サウンドバック奏の石」「運命戦線リデルライト」の制作には、Production I.Gをはじめとするアニメプロダクションが参加した。なおこの2作品の予告編はYouTubeで公開中だ。

併せて公開された特報では、「サウンドバック奏の石」と「運命戦線リデルライト」の映像をバックに、吉岡演じる瞳が「アニメは魔法を超える力を与えることができる!」と真剣な表情で訴えかけるシーンから始まり、瞳、王子、行城、香屋子がアニメ制作に奮闘する姿と、慌ただしい制作現場の風景が捉えられた。またティザービジュアルは、それぞれが作っているアニメのメインキャラクターを背に、真剣な表情を浮かべる4人が描かれた。

映画「ハケンアニメ!」

2022年5月全国ロードショー
原作:辻村深月「ハケンアニメ!」(マガジンハウス刊)
監督:吉野耕平
脚本:政池洋佑
出演:吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子
制作プロダクション:東映東京撮影所
配給:東映

(c)️2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加