NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ

内閣委の閉会中審査開催で合意 与野党国対委員長

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/07/21

自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は21日、国会内で会談し、新型コロナウイルス対応に関する衆院内閣委員会の閉会中審査を、28日に開催することで合意した。東京五輪が開会中のため、丸川珠代五輪相に公務がある際は副大臣対応とすることも確認した。参院内閣委は29日に開催される方向。

会談後、森山氏は記者団に、閉会中審査を行う理由を「ワクチンの調達について国民に心配もあるかと思うので、議論することは意味がある」と説明。立民など野党が求めている臨時国会の召集については「(召集は)内閣の判断だということに尽きる」と述べるにとどめた。

また、会談では森山氏が野党合同ヒアリングの開催回数が多いことを指摘。担当職員の業務量が増えることから「コロナ対応が手薄になる可能性も秘めている」として、安住氏に配慮を求めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加