“今季最強寒波”の影響で...列車&車の“立ち往生”相次ぐ

“今季最強寒波”の影響で...列車&車の“立ち往生”相次ぐ

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

鹿児島県では、西郷隆盛像が打ち付ける雪に耐えます。

今シーズン一番の強烈な寒波の影響で24日、九州では宮崎県を除くすべての県に暴風雪警報が出されました。

鳥取砂丘は、普段の様子とは打って変わって、真っ白になってしまいました。

駅構内にまで雪が吹き込んだ京都駅。JR西日本によりますと、午後9時半すぎの段階で、大雪の影響により京都線の複数の場所で、線路のポイントが切り替わらなくなり、複数の列車が乗客を乗せたまま立ち往生しました。

また、福井県でも午後8時20分ごろ、大野市の国道158号で大型車がスタックし、十数台の車が立ち往生しているということです。

(「グッド!モーニング」2023年1月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加