NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
女子野球の夏も幕明け!東海大静岡翔洋は1年生塚本癒那がカギ 24日開幕

女子野球の夏も幕明け!東海大静岡翔洋は1年生塚本癒那がカギ 24日開幕

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

攻撃の鍵を握る翔洋女子の塚本

第25回全国高校女子硬式野球選手権大会が24日、兵庫・丹波市で開幕する。今春創部の東海大静岡翔洋は、25日の初戦で岩瀬日大(茨城)と対戦。創部初の公式戦を勝利で飾り、決勝戦の開催地・甲子園に向けて弾みをつける。

1番を打つ塚本癒那内野手(1年)が、チーム躍進の鍵を握る。弓桁義雄監督から「彼女が出塁して走り、それを返すのがうちの得点パターン。打線を引っ張ってほしい」と期待され、「誰よりも先に打席へ入る分、責任がある。みんなに相手投手の球筋を見せながら、甘い球は積極的に打ちたい」と意気込む。

小学生のころから野球を始め、高校では県外で競技を続けるつもりだった。だが、中2冬に翔洋女子野球部が創設されることを知り、「県内なら家族も応援に来やすい」と同校へ。入学後は、50メートル7秒3の脚力を生かしたハツラツプレーでチームをけん引。「静かな空気が好きじゃないのと、相手に流れを渡さないために」と、大きな声でナインの士気も高める。

中学時代に所属したスルガマリンボーイズの先輩が今春、三島南の選手としてセンバツに出場。「(前田)銀治さんたちの甲子園でプレーする姿がかっこよかった」と刺激を受けた。自身も聖地に立つ可能性があるが「そこにとらわれすぎず、まずは強豪校の良いところを見て学び、吸収したい」と、冷静な姿勢を保ち続ける。【河合萌彦】

◆塚本癒那(つかもと・ゆな)2005年(平17)8月4日、御殿場市生まれ。小1から御殿場ウォーリアーズで野球を始め、御殿場中時代はスルガマリンボーイズに所属。右投げ右打ち。身長166センチ。血液型A。家族は両親と弟。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加