6000円台のメカニカルキーボードも登場! コスパ抜群のGAMDIAS製デバイスを紹介

6000円台のメカニカルキーボードも登場! コスパ抜群のGAMDIAS製デバイスを紹介

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/06/11
No image

GAMDIAS「HERMES L1」シリーズ

BTO PCメーカーのSTORMを運営するアイティーシーでは、PCだけでなくパーツ単体や周辺機器なども販売している。

特に周辺機器においては、ゲーミングPCと相性の良いゲーミングデバイスも取り扱っている。 ゲーミングデバイスとなると、性能面も耐久性も比較的高い次元で求められるため、ある程度価格は高めになる。しかしながら、同社で取り扱っているGAMDIAS(ガンディアス)製のデバイスは、ゲーミングデバイスとして十分なスペックを持ちながら、価格を抑えたコストパフォーマンスの高さが魅力といえる。

昨今のFPSゲームの盛り上がりで、若年層にもPCゲーミングの需要が広がっているが、高価なPC本体に加えて、その周辺デバイスも高いとなると、なかなか手が出しづらい部分がある。しかし、GAMDIAS製品なら比較的手が出しやすく、そうしたユーザーにもオススメだ。本稿では、6月12日に発売するゲーミングキーボード「HERMES L1」シリーズを含めたGAMDIAS製品の魅力を紹介していきたい。

各軸の個性を試したいメカニカル初心者にオススメ 6000円台でお手頃な「HERMES L1」シリーズ

今回発売するHERMES L1シリーズは、同社オリジナルのメカニカルスイッチを搭載するゲーミングキーボード。メカニカルスイッチのキーボードは、メンブレン式やパンタグラフ式のキーボードに比べてスイッチの耐久性が高めで、押し心地を好みによって選びやすいといった利点の一方で、高価な製品が多い。

2~5万円程する高価な製品も多い中、HERMES L1シリーズの実売価格は7000円前後。1万円未満でメカニカルスイッチを採用しているというのは、大きな魅力といえる。

No image

配列は108キーの日本語配列。Windowsキーが右側にあるのは少し特殊だが、ほぼ一般的なキー配置

No image

横から見ると、キーの位置によってタイピングしやすいようにキーキャップの形状が変えられている

今回発売する製品は、「HERMES L1R-JP RGB」「HERMES L1B-JP RGB」「HERMES L1S-JP RGB」の3製品。“L1”の後のアルファベットは、それぞれキーの押し心地を左右する軸の色、赤軸(Red)、青軸(Blue)、銀軸(Silver)それぞれの頭文字になっている。

メカニカルスイッチには、採用例の多いCherry MXスイッチなどいくつか種類があるものの、色ごとの押し心地は近い感触になっている。

赤軸は、スムーズで軽めの打鍵感が特徴。タイピング音も比較的静かなほうで、メカニカルスイッチのなかでも人気が高い。青軸はカチカチとしたクリック感が特徴的で、小気味いいタイピングの感触に根強いファンがついている。

銀軸は打鍵感は赤軸に近いが、キー入力を認識する深さ(アクチエーションポイント)が浅めになっており、高速でのキー入力が必要なゲームでは有効だ。

No image
No image

キースイッチは3種類。こちらは赤軸。パッケージにはそれぞれの軸の特徴が記載されている

No image
No image

青軸はクリック感が特徴

No image
No image

銀軸は高速入力に適したスイッチ

No image
No image

左が赤軸の反応するポイント、右が銀軸の反応するポイント。銀軸のほうが浅く、少し触れただけで認識する

各キースイッチの寿命は5000万回、すべてのキーの同時入力に対応するNキーロールオーバーにも対応するなど、安価な製品ではあるが十分なスペックを備える。ポーリングレートは1000Hzと、昨今のゲーミングデバイスとしては若干低めではあるものの、価格を考えれば十分な値だ。

RGB LEDのバックライトも搭載しており、発光パターンの切り替えも可能。テンキー付きなために、サイズは440(W)×144(D)×35(H)mmとそれなりにあるが、重量が800gと軽量なのは扱いやすい。そのほか、ゲーム中に誤ってWindowsキーを押してしまうことを防ぐため、Windowsキーの無効化機能も備えている。

No image

LEDイルミネーションを搭載

No image

キーボードの光り方は、Fnキー+DeleteやFnキー+Insertなどで変更できる

低価格ながらゲーミングキーボードに必要な要素を満たすHERMES L1シリーズは、これからPCゲームを遊んでみたいという人のための入門用としてもオススメな製品といえる。特にキーボードの場合、メカニカルスイッチの感触は軸ごとに特徴が異なり、自分好みのものを探すには一度触って確かめてみるのが有効だ。

しかし、高価なゲーミングキーボードは気軽に買い換えて試すのが難しい。だからこそ、本製品のように手ごろな価格でキーの感触を試せる製品は貴重といえる。

重量調整も可能でマウスパッド付属のお手頃マウス

同社ではキーボードだけでなく、マウスやヘッドセットなども取り揃えている。前述のHERMES L1シリーズ同様、マウスやヘッドセットでもコスパの良いゲーミング向け製品を販売している。今回は、その中からゲーミングマウス「ZEUS M2」と、ゲーミングヘッドセット「HEBE P1」を紹介しよう。

実売価格3800円前後のZEUS M2は、重りによって重量調整可能な製品。「高速な操作のために軽いほうがいい」「止めたいところでしっかり止まるように重いほうがいい」など、マウスの重さは好みが分かれる部分だが、それをある程度調整できるようになっている。LEDライティングやDPI調整機能など、ゲーミングマウスらしい機能も搭載している。

No image

GAMDIAS「ZEUS M2」

No image

裏側に重りを入れるスペースがあり、1つ5gの重り2つで重量を調整できる

No image

ボタン数は左右クリック、サイドボタン2つ、ホイールボタン、DPI制御ボタン3つの計8ボタン。中央のDPI制御ボタンは、↑印のボタンがDPI引き上げ、↓印がDPI引き下げ、その下のボタンがDPIをサイクル(最大の時に押すと最小になる)するボタン。登録できるDPIは6段階

また、ユーティリティーソフト「HERA」を使用して、DPIの細かい設定やスイッチの機能、マクロの構築なども可能。5000円未満でこれだけ本格的なカスタマイズ機能を備えているのは珍しい。

No image

HERAソフトウェアで各ボタンの機能をカスタマイズしたり、マクロを設定したりすることが可能

No image

ソフトウェアを使用すると、DPIを200刻みで調整できる

サイズは67(W)×118(D)×38.5(H)。実際に持ってみると、幅や奥行きの大きさはそれなりで高さは低めな印象。いわゆる“掴み持ち”や“つまみ持ち”のような、指を立てる持ち方がしやすく感じた。ケーブル長は1.8mで、しっかりと布巻きされている。ゴムやビニールと比べると滑りやすく、ゲーム中の操作で妙な引っ掛かりを感じづらいだけでなく、断線などにも強い。

また、地味にうれしいのがマウスパッドが付属しているということ。マウスの操作精度向上に影響するマウスパッドは、ゲーミング環境なら必須といっていいアイテムだが、ZEUS M2を買えば別途購入しなくてもいい。マウスパッドのサイズは実測で230.8(W)×180(D)mmと、本格的なゲーミング向け製品としては小さめだが、しっかりとした厚みのある2層構造の布製で、入門用としては十分な仕上がりになっている。

No image

付属するマウスパッド。少々小さめだが、付属品にしては質は十分

大型ドライバー搭載でコスパ優秀なヘッドセット

No image

GAMDIAS「HEBE P1」

HEBE P1は、実売価格9000円前後のゲーミングヘッドセット。FPSゲームで壁の向こうにいて姿の見えない敵の位置を、足音や銃声で判断するといった技術が重要になる。そのため、ゲーミングヘッドセットでは敵の位置を正確に把握するために音の位置(定位)を再現する能力が求められる。HEBE P1は7.1chのバーチャルサラウンド音声に対応。仮想の立体音響によって、音の方向と距離を再現する。

No image

イヤーパッドは実測で直径105mmほどのサイズ

大きさに比例して音質が向上するとされるドライバー口径は53mmと、この価格帯ながらかなり大型のものを採用。イヤーパッドのサイズもゲーミングヘッドセットでは大きめのほうなので、他製品で耳が窮屈に感じていた人も快適に着用できるだろう。

No image

マイクは好きな角度に調整できる

マイクは無指向性のタイプを採用。ノイズキャンセリング機能を搭載しているため、ボイスチャットなどでクリアな音声を相手に届けられる。チームプレイが必要なゲームで、コミュニケーションを取るためのボイスチャットをしたり、昨今の情勢では、オンライン会議で活用したりといったことも想定できる。

ヘッドセットのコードは、デフォルトでは3.5mmの3極プラグだが、付属の変換コードでUSBもしくはマイク/ヘッドホン2極プラグ×2の端子に変換できる。PCに接続する際はUSBなどで、PlayStation 4などのコントローラーに接続する場合はデフォルトで使うといった使い分けも可能だ。

No image

USBと2極プラグ×2の2種類の変換用のコードが付属。USB変換コードには音量調整ボタンもついている

なお、HEBE P1も前述のHERAに対応しているため、イコライザーや音響効果、マイク感度の設定なども可能になっている。

入門用ゲーミングデバイスとしてオススメ

GAMDIASのゲーミングデバイスは、安価ながら抑えるところをしっかり抑えたコスパに優れる製品が多く、学生ゲーマーなどにも手が届きやすいのが魅力といえる。「PCゲームを快適に楽しみたいけど、ハイエンドな製品には手が届かない。かといって非ゲーミング向けのデバイスは使い心地に難がある」といった人にオススメな製品だ。

「Apex Legends」や「フォートナイト」など、日本でもFPSゲームが盛り上がりを見せる中、初めてPCでマウス&キーボードの操作に挑戦するといった人も、ぜひチェックしてみてほしい。

■関連サイト

HERMES L1シリーズ

ZEUS M2

HEBE P1

高橋佑司 編集● ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加