フェアリージャパンが新メークを発表「光と影」で金を目指す/新体操

フェアリージャパンが新メークを発表「光と影」で金を目指す/新体操

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

新体操団体の日本代表「フェアリージャパン」が1日、金メダルを目指す東京五輪に向けて「光と影」をテーマとした新メークを発表した。

オンラインで報道陣の取材に応じた主将の杉本早裕吏(25)=トヨタ自動車=は「メークに負けないように輝こうと思う」と声を弾ませた。

「光と影」には、栄光の裏に猛練習があるとの意味が込められている。特徴は目頭を主体に入れた金色ラメライナー。あらゆる角度から光を捉え、表情をひき立てる。目尻には対照的にカーキグレーを配し、立体感を表現した。

光り輝くメークは、代表選手が公式パートナーの化粧品大手ポーラに要望した。「(ポイントは)ゴールドなので、金メダルに向けて頑張っていきたい」と杉本。強く美しく頂を狙う。(鈴木智紘)

No image

ポーラのメーク講習を受けたフェアリージャパン(C)Rimako Takeuchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加