11歳男児をアパートに放置か 母親を保護責任者遺棄容疑で逮捕

11歳男児をアパートに放置か 母親を保護責任者遺棄容疑で逮捕

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/11/21
No image

"三重県警本部=2023年11月21日午後1時44分、津市栄町1丁目、山本知弘撮影"

三重県鈴鹿市内のアパートに11歳の小学生男児を約3日間放置したとして、県警は21日、パート従業員の母親(38)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。「子どもを置き去りにしたことに間違いありません」と容疑を認めているという。男児は10月中旬に保護され、健康に異常はなかった。母親は9月中旬からアパートに住んでおらず、県警は放置が約1カ月に及んだ可能性もあるとみて調べている。

県警人身安全対策課によると、母親は10月15日ごろから18日午前0時ごろまで、鈴鹿市内のアパートに男児を放置した疑いがある。男児とオンラインゲームでやりとりをした県外の親戚が「母親が3日間、家に帰っていないようだ」と鈴鹿署に通報し、駆けつけた警察官が1人でいた男児を保護した。室内はごみや衣服が散乱し、異臭もしたという。保護した時の男児の身長や体重は平均並みで、健康状態に異常はなかったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加