じっと耐えた霧馬山 体力充実、初日から4連勝―大相撲秋場所

じっと耐えた霧馬山 体力充実、初日から4連勝―大相撲秋場所

  • 時事通信社
  • 更新日:2021/09/15
No image

霧馬山(左)は逸ノ城を寄り切りで破る=15日、東京・両国国技館

体は大きくなくとも霧馬山には辛抱強さがある。相手は体重200キロ以上の逸ノ城。前まわしをつかみ、頭をつけてじっと耐えた。部屋付きの鶴竜親方(元横綱)の教えを忠実に守り抜く覚悟だった。

出し投げなどで攻めて1分以上が経過。根負けした逸ノ城が強引な投げに出たところで、すかさず足を運んで寄り切り。「我慢できて、よかったと思う」とうなずいた。

陸奥部屋の関取は自分だけ。場所前は合同稽古に参加し、精力的に番数を重ねた。その成果もあってか「よく体が動いている」。前日も高安との熱戦を制するなど、体力面の充実が見て取れる。

新三役昇進が視野に入る西前頭2枚目で臨み、初日から三役以上を4人破った。格上にも物おじしない25歳を、土俵下の錦戸審判長(元関脇水戸泉)は「力をつけている。台風の目になるんじゃないか」と評した。

5日目には横綱照ノ富士戦が組まれた。過去3度の対戦で歯が立たなかった相手だが、「自分の相撲を取っていきたいと思う」。そう言う表情は、結びの一番を心待ちにしているようだった。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加