「僕たちアスリートは可哀想ですか?」「家族に会いたい気持ちにも...」大迫傑が日誌に綴った東京五輪への“思い”

「僕たちアスリートは可哀想ですか?」「家族に会いたい気持ちにも...」大迫傑が日誌に綴った東京五輪への“思い”

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/07/22

なぜ大迫傑はアメリカを離れケニアに行ったのか「知りたくないことまで耳に…」「平穏な気持ちではいられなかった」から続く

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

高校駅伝や箱根駅伝で活躍し、昨年の東京マラソンでは、自身の持つ日本記録を21秒縮める2時間5分29秒をマークした大迫傑選手。

大迫選手は東京オリンピックに向けて、日誌を付け始めた。そのノートには、ケニアで練習する難しさやSNSのストレス、競技以外の悩みなど、揺れ動く感情が赤裸々に書きとめられている。『決戦前のランニングノート』(文藝春秋)より一部抜粋して、大迫選手の日誌を紹介する。(全2回の2回目/#1を読む)

◆◆◆

2021年3月11日 僕にとっての東京オリンピック。

僕にとって、オリンピックはとても大きなものです。

オリンピックの最初の記憶は、7歳のときに見た長野オリンピック。細かなシーンは覚えていないのですが、あのオリンピックをきっかけにジャンプの選手になりたいというところから始まって、オリンピック選手になるのが僕の夢になりました。子供の頃によく書かされる“将来の夢”にも「オリンピック選手になる」と書いていた記憶があります。

No image

2月15日~17日の大迫選手の日記:最近話題のオリンピックについて考える。IOCはそもそも選手の声を聞くきがないのだから選手の発信に意味はあるのだろうか。そしてみんなもキレイ事を言っている気がする。マラソンに限っていうとオリンピックがなかったとしても、その後の東京マラソンやその他のメジャーズでリベンジ東京オリンピックというストーリーをつくり目立ちやすいのではないだろうか。(一部抜粋)

競技生活を振り返っても、原動力のひとつとしてオリンピックは外せませんし、あの舞台で日本人が活躍する姿を見せることが、次のジェネレーションのモチベーションになると思っています。

東京オリンピックは、僕にとって2度目のオリンピックになります。前回のリオオリンピックは5000mと10000mに出場しましたが、単純にもう少し頑張りたかったなという気持ちと、トラックで世界と互角に戦う難しさを痛感しました。そして、あのとき惨敗したことで、自分がどれだけ速いかは分からないけれど、マラソンに挑戦したいという思いが強くなりました。

日本人が世界と互角に戦うために必要な戦略

最初はトラックとマラソン、どちらかひとつに絞るつもりはあまりありませんでした。だけど僕はオリンピックどころか、ダイヤモンドリーグでも世界陸上でも、トラックで上位入賞した経験はありません。一方でマラソンはメジャーズで優勝した日本人選手もいるし、僕もシカゴマラソンでは3位に入ることができました。そう考えると、単純な自信の差もあるし、世界と互角に戦える可能性はトラックよりもマラソンの方が高いと思ったのです。

一方で、ガチンコ勝負で勝てると思っているほど楽観視はしていません。他の選手がみんな2時間2分台級の走りをしたら、勝ち目はない。だけど絶対にそういう展開にはならないでしょう。

マラソンは自分のエネルギーを少しずつ出していく作業です。誰かがギアを上げたときに、焦って差を詰めたりすると、エネルギーが急激に減ってしまう。周りに惑わされず、自分のリズムと走りに集中して「待つ」ことが大切なのです。そしてトップ選手の誰かが落ちてきたときに、空いた席に滑り込めるよういかにウエイティングリストの上の方で待っていられるか。それが日本人が世界と互角に戦うために必要な戦略だと思っています。

オリンピックが1年延期になって、よかったことも、悪かったこともありました。代表になるために、2019年3月から半年に1度のペースでマラソンを走っていて、その度にハードなトレーニングをしていましたから、延期になって、気持ち的にも体力的にも余裕ができました。あのままオリンピックを走っていたら、ベストの走りはできなかったかもしれません。

一方で家族と離れて過ごす期間はさらに1年延びました。20年の7月中旬以降は合宿や大会を転々としていたので、家族と一緒に過ごせたのは、ほんの数週間。ケニアに滞在中は、時折ホームシックになるというか、家族に会いたい気持ちにもなりました。最終合宿地をアメリカにしましたが、高地トレーニングでオレゴンを離れる時間も多いですし、東京オリンピックまでもう少しの我慢です。

「僕たちアスリートは可哀想ですか?」

マラソンのスタートラインには、ゴールとは違う達成感があります。日々の葛藤と闘いながら取り組んできたハードな練習、色々なものを我慢した時間、そういうさまざまなことが胸をよぎります。あとは42.195kmを走れば終わる。そんな開き直ったような気持ちになるんです。自国開催のオリンピックですから、自分のスタンスとしてはやっぱりドキドキはしています。だけど、やれることをやるしかないなと開き直った気分なのも正直なところです。

コロナ禍でのオリンピックがどんなものになるかは分からないし、どんな結果になるのかも分かりません。もしかしたら開催されないかもしれない。だけど、もし開催されなかったら、僕たちアスリートは可哀想ですか? 僕はそうは思いません。

東京オリンピックに向けて、積み重ねてきた過程にぜひ目を向けてください。アスリートそれぞれが葛藤を持つなかで、みんな自分なりのドラマとゴールを見つけて、自分なりの価値観を持って取り組み、突き進んできた。

もちろん何事もなく、東京オリンピックが開催されることが一番良いシナリオです。でも開催されなかったとしても、マラソンならアボット・ワールドマラソンメジャーズのように世界と戦える大会、オプションはいくらでもあるのです。

オリンピックがなくなったからといって、僕たちが努力をしてきた過程はゼロになるわけではありません。それぞれのアスリートが、オリンピックとは別のドラマとゴールを見つけて、進めばいいと思っています。

日本代表に決まってから15カ月。日誌を読み返してみれば、新型コロナウイルスの影響で足踏みをしたり、変更を余儀なくされたり、立ち止まりたくなることもあった日々が思い出されます。それでも立ち向かい進んできたことが、それぞれのアスリートの価値であると僕は思っています。

あと1カ月。僕らができるのはどんな状況になろうとも自分を信じて進むということだけ。オリンピックの先も僕らのドラマは続いていくのですから。

決戦前のランニングノート』の刊行を記念して、スペシャル読書会“決戦前の大迫傑ナイト”を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

(大迫 傑/Sports Graphic Number)

大迫 傑

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加