碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/09/22
No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の外城城門。(資料写真、小型無人機から、呂梁=新華社配信)

【新華社太原9月22日】中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学研究成果を発表し、同省呂梁市興県にある碧村遺跡の外城城門が明確な防御性を持つことを発見したと明らかにした。竜山時代(新石器時代後期)の大規模石城集落である同遺跡は、黄河流域の要衝都市だったと考えられる。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の全景。(資料写真、呂梁=新華社配信)

遺跡は同県碧村の北、蔚汾河と黄河の合流地点に位置する。面積は約75万平方メートル。時代は竜山時代末期(約4200~3800年前)にあたり、最も繁栄した時代は約4千年前前後とされる。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の中核エリア、小玉梁地点の石積み建築群。(資料写真、呂梁=新華社配信)

発掘調査は山西省考古研究院が北京大学考古文博学院、山西大学考古文博学院、呂梁市と興県の文化・観光部門などと合同で実施。2015~18年の調査では遺跡中核エリアの小玉梁地点、20~22年の調査では外城の城門を発掘した。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の小玉梁地点で見つかった中核建築跡。(資料写真、呂梁=新華社配信)

同遺跡考古プロジェクトのリーダーを務める山西省考古研究院華夏文明研究所の張光輝(ちょう・こうき)所長によると、これまでの調査で遺跡は内と外の二重の城壁を持つ石城集落だったことが分かった。当時の人々は石城の南と北、西を囲む河と溝を天然の要害とし、中部と東部に城壁と城門を設けて城内に通じる通路を防御していた。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の外城城門。(資料写真、呂梁=新華社配信)

小玉梁地点は石で築いた防護壁に囲まれた高台で、大型の2室型住居を中心に石積み建築が分布していた。住居跡の地面中央には円形のかまど跡があり、最も大きいものの直径は2.6メートルだった。防護壁は東側と南側の保存状態がよく、厚さは3.2メートルで、いずれも厚さ1.6メートルの石壁を合わせて造られていた。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の住居跡で見つかったかまど跡。(資料写真、呂梁=新華社配信)

石門墕(せきもんえん)地点では内城壁と城門、城牆圪垛(じょうしょうぎつだ)地点では外城壁と城門が見つかった。外城の城門には三つの大型墩台(とんだい、防御施設)が「品」字形に配置されており、中央部には小型の墩台も設置され、全体の配置が左右対称となっていた。前方の半円型大型墩台と後方二つの方形大型墩台の間に南北方向の二つの出入り口が設けられていたが、南側の通路は廃棄され塞がれていた。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡から出土した銅刀。(資料写真、呂梁=新華社配信)

張氏は「外城の城門は規則正しい形状と厳密な構造をしており、明らかな防御的性質を持っている。中国の先史時代と先秦時代の城門配置を知る上での重要事例になる」と述べた。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の位置図。(呂梁=新華社配信)

遺跡の出土遺物は土器が中心で、玉器や石器、小型銅器なども見つかった。人々は主にアワを主食とし、キビやコメも食べていた。家畜はブタとヒツジの割合が多く、その次にウシが多かった。

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡から出土した串飾(せんしょく)。(資料写真、呂梁=新華社配信)

張氏は、同遺跡が黄河と蔚汾河の往来を押さえることのできる戦略的な位置を占めていたと指摘。外城壁や内城壁、中央高台から黄河河畔に至る直線的配置、何段階にも設けられ関所、黄河を背に東向きに設された城門は、同地が黄河の要衝としての役割を担っていたことを強く示していると語った。(記者/王学濤)

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡から出土した陶鬲(とうれき)。(資料写真、呂梁=新華社配信)

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡から出土した銅泡(どうほう、衣服や馬具につける装飾品)。(資料写真、呂梁=新華社配信)

No image

碧村遺跡で4千年前の城門防御システムを発見 山西省呂梁市

碧村遺跡の石積み住居跡。(資料写真、呂梁=新華社配信)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加