15日から大学共通テスト 会場の感染症対策「万全に」

15日から大学共通テスト 会場の感染症対策「万全に」

  • 広島テレビ ニュース
  • 更新日:2022/01/14
No image

15日から始まる「大学入学共通テスト」の会場では、感染防止対策などの準備が行われた。試験会場の一つ広島大学では、机の消毒などの感染対策のほか、体調不良者のための別室を例年の3倍に増やし、濃厚接触者と認定された受験生に使用する。

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、15日から「大学入学共通テスト」が始まる。

試験会場の一つ広島大学では14日、受験番号が書かれたシールを机に貼るなど準備が行われた。広島大学では机の消毒などの感染対策のほか、体調不良者のための別室を例年の3倍に増やし、濃厚接触者と認定された受験生に使用する。さらに、待機する医師や看護師も増やし、緊急対応に備える。

★広島大学高大接続・入学センター永田純一センター長

「試験場の準備は万全の態勢で整っているので日頃の成果が十分に発揮されることを本当に心から願っている」

日程は2日間で、県内ではおよそ1万4000人が試験に臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加