東京タワー「5色ライトアップ」に歩行者感激も じつは五輪カラーと無関係

東京タワー「5色ライトアップ」に歩行者感激も じつは五輪カラーと無関係

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/22
No image

東京タワーが22日夜、翌23日より開幕する「東京2020オリンピック・パラリンピック」に合わせ、特別カラーに染まった。

画像をもっと見る

■2日間限定

No image

通常ならこの時期、涼しげな白を基調とした光を放っている東京タワー。22日、23日の2日間は、17段の階層に設置した268台のLEDライト1つ1つの光が、多様に変化する「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」バージョンになり、この期間だけという青、白、赤、黄、緑の5色が輝く。

夕方19時過ぎ、日没とともにライトアップが開始されると仕事帰りのビジネスマンや、ランニング途中の男女たちがタワーにスマホを向け、「へぇキレイ」と撮影をしていた。

関連記事:市川海老蔵、東京五輪開催に持論 「アスリートの思い尊重することが大切」

■じつは五輪カラーではない

「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」は、世界から東京に集まるアスリートの歓迎、祝福、そしてアスリートが100%の力を出せるよう、応援の意味を込め企画されている。

この5色は一見、「青・黒・赤・黄・緑」の五輪カラーと認識しがちだが、調べてみると実際は⽇本古来から寺社仏閣等でお祝いの時に飾られる「⻘・⽩・⾚・⻩・緑」で縦じまの幕「五⾊幔幕(ごしきまんまく)」をモチーフにしているとのこと。そうだったのか…!

■幻想的なライトアップ

塔そのものが縦じまの「五⾊幔幕」をまとって見えるよう、5⾊のライトがゆっくりと動きながら輝くのが今回の特徴でもある。点灯は両日とも日没から24時までで、それ以降朝5時までは定番の白基調カラーに戻る。

明日からはいよいよ東京オリンピックの開幕。熱戦の開始前夜に訪れた人たちにひとときの癒やしを与えてくれそうだ。

・合わせて読みたい→小池都知事、橋本聖子氏の会長就任にコメント 「アスリートの目線で…」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加