エブールで理想的なカーディガンを見つけました!

エブールで理想的なカーディガンを見つけました!

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2021/10/14

ファッションエディター松井陽子さんが、この秋、真っ先にチェックしたカーディガンをご紹介します。

No image

皆さん、お変わりなくお元気ですか?

この秋、真っ先にチェックしたものといえば、それはカーディガン!

もこもこのニットの風合いは永遠に大好きです。

でも、室内で打ち合わせなどをしていると、のぼせるほど暑くなる(涙)。

腕を思いっきりたくし上げてみたり、特にタートルネックの日などは、首の折り返しをぐっと下げて短くしてみたり……。エレガンスとは無縁の状態です。

もちろん周囲には笑われますが、いえいえ、こちらは本当に困っているのです(苦笑)。

そんなことに気づき始めて、昨年の冬からずっと探していたのがカーディガン。インナーが見えるカーディガンなら、脱いでも違和感がないはず。そして大好きなざっくり、もこもこの風合いも着られる、ということで。

結局去年は見つけられないままで、ようやく出会えたのは、季節の前に行われるエブールの展示会で。

エブールには、体だけでなく、なんとなくゆらぐ気持ちにもフィットしてくれる服があります。贅沢な素材で体を優しく包み込み、静かに華やがせてくれ、ふんわりと楽しませてくれる。年齢を重ね、その魅力により深く共感できるようになっている気がします。

だから、試着は必須。体を通して、その魅力を実感したいから。

No image
No image

このカーディガンは見るからに私好みではありましたが、実際に着させて頂いて、なるほど、なるほどと深く頷きました。

トラッドなケーブル編みのカーディガンは、ふんわりと柔らかなウール100%で、しなやかな落ち感があります。身幅もほどよく、袖のボリューム感もほんのりと今どき。でもそれがトゥマッチではないところが気に入りました。
バックシルエットも、体の線は真っ直ぐ。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、袖の切り替えにひと工夫あって、ラグランスリーブのようで、途中から袖がドッキングされていて、肩まわりがまろやかになじみます。

この美しいシルエットと絶妙な上品カラーが、カジュアルスタイルをラフに終わらせず、少しだけクラスアップしてくれる、そんな気がします。

No image

ざっくりとしたニットを着る時は、レザーや(黒のパンツも、スカートも実はスエードです)つやっぽい素材のものと合わせて、変化をつけるようにしています。

ウールのキャップにリュックというこのスタイリングも、もちろんデニムでもいいのですが、スカートがマキシ丈でかつスエードだから大人っぽく着られるかな、と。

そして、こういう時に大活躍するのがマルジェラのタビブーツ。

足元にこのモードでユニークな一足が加わると、ニットが素朴にならないから。全身のバランスをサラリと整えてくれる、本当に秀逸で頼れる存在です。

お気に入りのカーディガンを見つけたので、あとはインナーですね。
デミリーの超長綿の極薄手のTシャツを着ているのですが、スローンの、同じく超長綿のロングTシャツも重宝しそう。今年は少し変化をつけて、シャツに合わせてもいいかなと思っています。

おしゃれを広げてくれるのは、やっぱり愛すべきお気に入りの1アイテム。いくつになっても、それはどうやら変わらないようです。

相棒のように頼りながら、深まる季節をこのカーディガンと過ごしていきたいと思います。

では、また2週間後!
ごきげんよう。

松井陽子
Yoko Matsui
Instagram: yoko_matsui_0628

カーディガン#エブール

パンツ#マディソンブルー

スカート#ブルーバード ブルバード

Tシャツ#デミリー

ウールキャップ#キジマ タカユキ

ブーツ#メゾンマルジェラ

リュック#テンダーロイン

【40代コーデ】ファッションエディター松井陽子さんの最新20ルック>>

前回記事「気持ちを秋へと少しだけ進めてくれる、ネイルズインクのこっくりオレンジカラー」はこちら>>

これまで紹介したコーディネート一覧を見る

松井 陽子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加