昌平・吉野、通算48号2ラン放つも浦学が延長でサヨナラ勝ち/春季埼玉大会

昌平・吉野、通算48号2ラン放つも浦学が延長でサヨナラ勝ち/春季埼玉大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/03

春季高校野球埼玉県大会準決勝(浦和学院10-9昌平、3日、県営大宮公園)プロ注目のスラッガー、昌平(埼玉)の吉野創士外野手(3年)が一回に高校通算48号2ランを左翼席上段に放ち、この回6点を奪って優位に進めたが、浦和学院が徐々に追い上げ、七回に昌平が3点を加えたが九回に9-9に追いつき延長に入り、十回裏1死満塁で、1番・吉田匠吾内野手(3年)が右前に落としサヨナラ勝ちし、決勝進出と関東大会出場を決めた。

五、六回と十回と2度救援のマウンドにも立った吉田匠は、「一回表に6点を取られたが、1点ずつ取っていけばいいと森先生(監督)からいわれ、六回までに追いつけた。また離されたけど、九回に同点にし、最後は初球(ストライクを)取りにくると思ったので、狙ったら、(右前に)落ちてくれた」と激戦を制し、ホッと息をついた。

一方、一回に2ランを放った昌平・吉野は、「外(角)のスライダー。自分らしく、拾うバッティングができた」と振り返った。

No image

昌平・吉野創士外野手は、準決勝の浦和学院戦の一回に左越え2ランを放った(撮影・赤堀宏幸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加