阪神 9連敗中の広島にリード許す展開 岩貞が代打・堂林に勝ち越しソロ浴びる

阪神 9連敗中の広島にリード許す展開 岩貞が代打・堂林に勝ち越しソロ浴びる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

7回、堂林に勝ち越しソロを浴び、ぼう然と立ちつくす岩貞(撮影・飯室逸平)

「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

広島に開幕から9連敗中の阪神が、七回に堂林に本塁打を浴びて勝ち越しを許した。

試合は阪神が初回、広島のミスに乗じて2点を先制した。それでも五回、先発のウィルカーソンが上本に左中間を破る適時三塁打を浴びて同点とされる。

さらに七回だった。代打堂林に対して岩貞が、1-1から投じた3球目。外角高めのスライダーを狙われ、左中間スタンドに勝ち越しのソロ本塁打を浴びた。

阪神は22日の対戦でも延長十一回、宇草にサヨナラアーチを浴びて敗れた。広島には引き分けを挟み、開幕から9連敗中。対戦10試合を終えて勝利なしは、1988年以来34年ぶりの屈辱だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加