ファミマで処方薬の受取 首都圏4500店に拡大

ファミマで処方薬の受取 首都圏4500店に拡大

  • Impress Watch
  • 更新日:2023/01/25
No image

ファミリーマートとおかぴファーマシーは、ファミリーマートの店舗で処方薬を受け取れるサービス「ファミマシー」の対象店舗を1都3県の約4,500店舗に拡大する。実施は2月1日から。

ファミマシーは、処方薬を送料・手数料無料で最短翌日にファミリーマートの店頭で受け取れるというサービス。2022年5月から凸版印刷子会社のおかぴファーマシーシステムと協業し開始しており、現在までに東京都のファミリーマート約2,400店舗が対応している。提携薬局は、とどくすり薬局。

利用にはとどくすりへの会員登録が必要。医療機関でとどくすりを利用する旨を伝え、とどくすりのマイページからファミリーマート店舗を選択、電話で処方薬の説明を受けた後、受け取り用バーコードをメールなどで受信し店舗で薬を受け取る。

No image
No image

既存ユーザーからは好きなタイミングで受け取れると好評だったほか、診療した医療機関の近隣ではなく自宅近くのファミリーマートで受け取るケースが60%以上を占めていたとのことで、対象店舗を拡大、2月1日から埼玉県、千葉県、神奈川県を加えた1都3県の約4,500店舗が対応する。

今後は、1月26日から始まる電子処方箋についても対応を進める方針。また2月中をめどに、とどくすりがファミペイに対応し、ファミペイで薬代を支払えるようにする。

太田 亮三

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加