志摩ノ海、初づくしに「思い切りやるだけ」も無念

志摩ノ海、初づくしに「思い切りやるだけ」も無念

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇大相撲11月場所13日目(2020年11月20日 両国国技館)

No image

<11月場所13日目>貴景勝(右)に押し出しで敗れる志摩ノ海

1敗同士の対決で、一人大関の貴景勝が幕尻の志摩ノ海を押し出し単独トップに立った。元大関の照ノ富士は竜電を押し出し2敗を死守。貴景勝を照ノ富士と志摩ノ海が1差で追う展開になった。

大一番に敗れた幕尻の志摩ノ海は「緊張はしていません。思い切りやるだけだと思っていたので」と振り返った。結びの一番は初めてで、大関戦も初。師匠の木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)から「思い切りやってこい。勝ち負けは関係ない」と送り出され、実践した。14日目は照ノ富士と2敗対決。「明日の一番に集中します」と気合を込めた。三重県志摩市の個人後援会は千秋楽の22日にパブリックビューイングを開催すると決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加