結婚して初のドラマ復帰!俳優ソ・ジソブ主演の『ドクター・ロイヤー』、主演3人のポスター公開

結婚して初のドラマ復帰!俳優ソ・ジソブ主演の『ドクター・ロイヤー』、主演3人のポスター公開

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/05/14

新ドラマ『ドクター・ロイヤー』(原題)に出演するソ・ジソブ、シン・ソンロク、イム・スヒャンのキャラクターポスターが公開された。

【画像】ソ・ジソブが妻に“一目惚れ”した瞬間は?

来る6月3日に韓国MBCで初放送される金土ドラマ『ドクター・ロイヤー』は、操作された手術ですべてを奪われて弁護士になった天才外科医と医療犯罪専門検事によるメディカルサスペンス法廷ドラマだ。

『ドクター・ロイヤー』は、豪華な出演陣で話題を集めた。4年ぶりにテレビドラマに帰ってくる俳優ソ・ジソブ(ハン・イハン役)、圧倒的な存在感を誇る俳優シン・ソンロク(ジェイデン・リー役)、さらなる演技の変身を予告した女優イム・スヒョン(キム・ソクヨン役)だ。一人ずつ見ても魅力的な俳優3人が出会い、どんなシナジー効果を発揮するか、『ドクター・ロイヤー』に対する期待感は大きい。

5月13日、『ドクター・ロイヤー』の主演3人のキャラクターポスターが公開された。1人のキャラクターが持つ2つの側面を込めたポスターコンセプトで、それを完璧に表現した俳優たちのオーラが調和され、ドラマに対する好奇心をさらに刺激した。

No image

(画像提供=MBC)『ドクター・ロイヤー』キャラクターポスター

まずソ・ジソブは、「ドクター」であり「ロイヤー(弁護士)」であるハン・イハンを強烈に描く。鋭い目つきと胸に輝くバッジは「ロイヤー」ハン・イハンを、ガウンを着て聴診器をかけた男の影は「医師」ハン・イハンを意味する。「医師や弁護士も変わらない。医者は命を、弁護士は人生を救うから」というコピーは、ハン・イハンがなぜ2つの職業を持つようになったのか、そしてそんなキャラクターをソ・ジソブがどう描くのかと期待させた。

続いてシン・ソンロクは、ベールに包まれたキャラクターであるジェイデン・リーを正反対に表現して視線を奪う。ポスターの左側のシン・ソンロクは柔らかい目つきで見る人に信頼感を与える。一方で右側のシン・ソンロクは、不気味な目つきと冷たい笑い顔を通じて狂気のエネルギーを感じさせる。「The winner takes it all. 勝者独占ですよ」というコピーは、恐ろしい印象を与えた。

最後にイム・スヒャンは、純粋さと冷徹さを行き来し、キム・ソクヨンというキャラクターをドラマチックに表現した。澄んだ瞳と笑顔のイム・スヒャン、感情を押し込めたような表情と悲しみを感じさせる表情のイム・スヒャン。ここに「私の検事としての価値観は弱者には弱く、強者には強いですよ」というコピーは、明るく純粋だったキム・ソクヨンの力強い変化を期待させる。同時にシン・ソンロクとはっきりと対比され、さらに好奇心を刺激する。

ソ・ジソブ、シン・ソンロク、イム・スヒャン。『ドクター・ロイヤー』を率いる3人の主演俳優の存在感は、期待以上だ。それぞれキャラクターの特別な魅力と雰囲気を完璧に見せたといえるだろう。

2022年上半期の期待作『ドクター・ロイヤー』は、韓国MBCで6月3日21時50分に初放送される。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加