【MLB】大谷翔平「走者を置いてからの投球も良かった」 6回8K無失点に自信の表情

【MLB】大谷翔平「走者を置いてからの投球も良かった」 6回8K無失点に自信の表情

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/20
No image

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

6回8奪三振3安打無失点→右翼守備、打撃は4の1「いいスイングはできている」

■アスレチックス 4ー1 エンゼルス(日本時間20日・オークランド)

エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・アスレチックス戦で「2番・投手」で出場したが、メジャー自己最多5勝目はならなかった。投打同時出場は11度目。投球では6回8奪三振、3安打無失点と好投したものの、打線の援護がなかった。降板後は右翼の守備に就き、8回守備で退いた。打撃では4打数1安打で打率.277。チームは大谷の降板後に大量4失点して敗戦。2連敗で借金1となった。

初回は3者凡退に抑え、2回は1死二塁からチャップマン、ラウレアーノと2者連続三振に切り捨てた。3回1死二、三塁ではアンドラスを空振り三振、オルソンを二ゴロに。2イニング連続で得点圏のピンチを防いだ。4、5回と3者凡退に抑え、6回は2死から走者を出したものの、得点を許さなかった。6回8奪三振1四球、3安打無失点と好投。最速は99.3マイル(約159.8キロ)、防御率は3.21となった。

バットでは初回無死二塁で中飛。3回2死一塁では打球速度115.9マイル(約187キロ)の中越え二塁打を放ったが、一塁走者・フレッチャーが本塁タッチアウトとなった。6回1死一塁は空振り三振、8回2死一塁は三飛に倒れた。2戦連発とはいかなかった。

大谷は「ストライクの割合も悪くなかった。走者を置いてからの投球も良かったかなと思います。真っすぐとスプリットは自信のある球。優先順位の低い球も交ぜたり、使い分けは相手によっても変える必要はあるかなと思います」と振り返った。打撃はホームランダービーの影響が指摘されているが、「感じてはいないですね。感覚的には紙一重が多い。結果の割にはいいスイングはできているかなと思います」と話した。(小谷真弥 / Masaya Kotani)

小谷真弥 / Masaya Kotani

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加