“燕三条の剣”で戦う?! 新潟の魅力を『ゲーム』で発信! 新潟弁も楽しめる”新潟クエスト”

“燕三条の剣”で戦う?! 新潟の魅力を『ゲーム』で発信! 新潟弁も楽しめる”新潟クエスト”

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2021/09/15
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新潟の魅力を発信するスマートフォン向けゲームが、新たに開発されました。

新型コロナウイルス禍で家で過ごす時間が増えるなか、ゲームには「多くの人に県産品に触れてほしい」という担当者の思いが込められていました。

【高橋正和アナウンサー】

「今回ご紹介するのはこちら!新潟県の魅力を感じられるゲーム『新潟クエスト』です。新潟県の地図が描かれていますが、一体どんなゲームなのでしょうか?」

花火が打ち上がるシーンで始まる、新潟クエスト。

果たして、その内容は・・・?

【高橋正和アナウンサー】

「舞台は新潟県下越地方なんですが、かなりファンタジーな世界ですね。町の人に話しかけましょうか」

『ようこそ。ここは新潟の古町ってとこらよ。何が知りたいね』

【高橋正和アナウンサー】

「新潟の言葉で返してくれるんですね!」

さらに周囲を歩くと、フィールド上にいた敵とバトルが始まります。

【高橋正和アナウンサー】

「おっ、4ダメージ与えました。倒しました!やりました~!」

戦いに勝つとコインがもらえ、ルレクチェや笹団子、燕三条の剣や直江兼続の鎧など、新潟らしいアイテムを買うことができます。

ほかにもゲームでは新潟に関するクイズも出題!

<クイズ>

新潟港は日米修好通商条約で開港5港のひとつとなった。ほかの4港に入っていない港はどこ?

【高橋正和アナウンサー】

「難しいのきましたね・・・うーん、鹿児島」

「正解!南蛮エビゲット!やりました!あたりました!これは新潟のことを勉強できますね」

ゲームが開発された理由を、県の担当者に聞いてみると…

【県地域産業振興課 福原実 課長】

「新型コロナ感染症の影響が続いているなかで、やっぱり家で過ごしている時間が増えてきている。県産品をより楽しみながら知って頂きたい」

県は9月17日から東京で、県産品をプロモーションするイベントを開催。

「新潟クエスト」は、このイベントの一環として開発されました。

【県地域産業振興課 福原実 課長】

「東京にいながら新潟の地域がわかる。首都圏でも身近に新潟を知っていただくきっかけにもなると思います」

東京のイベントでは、ゲームの特典コードが手に入る仕掛けも…

【県地域産業振興課 福原実 課長】

「特典コードを入れると。賞品(スペシャルアイテム)が手に入る。バーチャルな世界の中ですけど」

バーチャルの世界でも、県産品のPRへ!

アプリは無料で入手でき、イベント後も改良は続きます。

福原課長は「より楽しめるようなアプリにしていきたい」と話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加