ブレーブス21年ぶりのWS王手「ワオとしか」監督

ブレーブス21年ぶりのWS王手「ワオとしか」監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

ブレーブス先発のウィルソン(AP)

<ナ・リーグ優勝決定シリーズ:ドジャース2-10ブレーブス>◇第4戦◇15日(日本時間16日)◇グローブライフフィールド

ブレーブスが21年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。PS初登板の22歳右腕ウィルソンが6回1失点と好投。

公式戦を含めても8度目の先発だったが、微妙に動く球を駆使し強力打線を1安打に抑えた。球界屈指の左腕カーショーに投げ勝ち「投げ合えて光栄。勝利に貢献できてうれしい」。スニトカー監督は「ワオとしか言いようがない。テンポも球の切れも良かった」とたたえた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加