野村周平が若手起業家役に。「批判に飲まれないように、自分を突き通したい」

野村周平が若手起業家役に。「批判に飲まれないように、自分を突き通したい」

  • 女子SPA!
  • 更新日:2021/11/26

成功を夢見て邁進するイタいくらいにアツい若手起業家が、“すべてを奪われてから始まる”下剋上物語『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』(ABEMA/毎週木曜22:00~)が放送中。脚本を鈴木おさむ氏、監督を映画『新聞記者』などで知られる藤井道人氏が務めています。

No image

野村周平さん

ビジネスの厳しさを知り、苦悩しながらも一人のビジネスマンとして前向きに成長していく主人公、鶴田祐介を演じる野村周平さんにインタビュー。

多趣味の野村さんに趣味の見つけ方や、留学して気づいた日本とアメリカの違い、最近のSNSについて思うことを聞きました。

◆好きなものに対しての熱量は共感できる

――オファーがきて、撮影が始まってどうでしたか?

No image

『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』より

野村周平さん(以下、野村)「脚本家の鈴木おさむさんは昔から仲良くして頂いていたので、またご一緒できて嬉しいなっていうのと、藤井監督と一緒にできるのは期待でワクワクしていました。実際に一緒にやってみて、しっかり意思も伝えてくれますし、こっちの意思も汲み取ってくれる素晴らしい監督です。現場は和気あいあいとしているけど、締めるところは締めるという感じです。撮影は楽しいところもあれば、しんどいところもあるので、みんなで乗り越えていけたらなと思います」

――祐介のような成功のためになりふり構わず突き進む生き方はどう思いますか?

野村「好きな物に対しての熱量っていうのはどのジャンルでも変わらないじゃないですか。そういう部分は共感できるかな」

◆男から見てもかっこいい男が最強

No image

『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』より

――『会社は学校じゃねぇんだよ』で、渋谷のギャル男から伝説の起業家に成り上がった藤村鉄平(三浦翔平さん)も引き続き登場します。祐介は鉄平に憧れていますが、野村さんが憧れる人はいますか?

野村「やっぱ長瀬智也さんですね。最高な生き方をしていると思うので。好きな物も貫いてるし、男としてかっこいい。男から見てもかっこいい男って最強じゃないですか」

――モテたいとかは思わない?

野村「モテたところで魚釣れないので! さかな界はイケメンだから釣れるとかないですからね。技術の世界ですから」

◆趣味は人と繋がることで広がっていく

――野村さんの熱量はいま釣りに向いていると。趣味が多いイメージですが、どうやって広げていくのでしょうか。

No image

『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』より

野村「僕はスノボやBMXをやっていて、そこで知り合った人達がまた違う趣味を持っていて、そこに行ってみたら俺もハマってという流れです。芋づる式みたいな感じですよね。人と繋がると、趣味は広がりやすいと思います」

――家にこもってドラマを観るとか、寝るのが趣味っていうはだめですか?

野村「ドラマを観るのも趣味ですよね。否定は全然しないです。寝ることに対しても、例えば安眠グッズがすげー好きで、この枕のこの性能が寝るのにめちゃめちゃいいんですよ、くらいの熱量を持った“寝る”っていう趣味だったら分かる!」

――本作では順風満帆な人生を送ってきた祐介が、大きな壁にぶつかり挫折を味わいます。野村さんは嫌なことがあった時、どうやって気持ちを立て直しますか?

野村「釣りだけじゃなく、バイクや車も好きなので、仕事終わりにふらっとバイクに乗ったりして気分転換してるかな。バイクや車は毎日乗れるので。あとは海を見る」

◆他人を気にせず、自分を貫く生き方

――ところで、ニューヨーク留学から帰ってきてしばらく経ちますが、自分で変わったなと思う部分ってあります?

No image

野村「もとからこんな感じなのでそこまで変化はなかったですかね。ニューヨークにいる人達も自分にしか興味ないっていうか、海外は他人を気にしないので」

――他人を気にしない生き方ってかっこいいですけど、なかなかできないです。

野村「自分を貫いて生きることが大事だと思っています。『ダセーよ』とか言われても、『カッケーし、お前どうなの?』ってなるわけです。他人を傷つけるようなことばっかり言ってるお前がダサいよ。まず自分を見つめ直したほうがいいよって。

自分がかっこいいと思うことを貫いていれば、何を言われようが、『何? かっこいいことしてるし、自信あるよそりゃあ。君たちは?』ってなる。ニューヨークの人は何やっててもみんな『クールじゃん』って言ってくれるし、否定から入らないんですよ」

◆日本は思っていることを言えない空気がある

――否定から入らないっていいですね。日本とアメリカの、他人への寛容さの違いってなんなのでしょうか。

No image

『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』より

野村「日本って思っていることをなかなかそのまま言いにくい空気があるじゃないですか。だからTwitterとかのSNSに居場所を求める人が増えて、陰口を叩くことが多い。アメリカは直接言えよっていう文化だと思うんですよね。だからネットとかで書き込みをしてる人に悪口を書かれようがなんとも思わないのかも」

◆批判に飲まれないように、自分を突き通したい

――この前もラジオで「芸能人=なんでもしていい存在だと思ってるでしょ」「マスコットキャラ的な」と言ってましたよね。

No image

野村「昔の俳優さんは尖っていた方が多かったじゃないですか。じゃあその昔の俳優さんたちに喧嘩売れるかって。当時はネットがなかったから、直接言うしかないじゃないですか」

――絶対無理ですよね。

野村「でしょ? 絶対ダメでしょ。昔に比べて今はいい子しか残れない世の中になってきた。もちろんいい子なのは別にいいんですよ。でもある程度は余裕がないと、この仕事は批判とかの言葉に飲まれちゃうよねって。だから今頑張って自分を突き通してます(笑)」

◆読者へのメッセージ

――最後に読者に向けてメッセージをお願いします。

No image

野村「ビジネスのあり方が多様化し、色んな方法でお金を稼ぐことができるようになった現代を色濃く表しているドラマです。ビジネスに真剣に向き合う若者たちが、壁にぶつかりそして成長する姿を描いています。見て下さった方々が新たな発見が出来るようなドラマになっていると思うので、楽しんでいただけたらなと思います」

<文/女子SPA!編集部 写真/我妻慶一>

【女子SPA!編集部】

大人女性のホンネに向き合う!をモットーに日々奮闘しています。メンバーはコチラ。twitter:@joshispa、Instagram:@joshispa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加