ソフトバンク和田8勝目逃す「ベースカバーを反省」

ソフトバンク和田8勝目逃す「ベースカバーを反省」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

4回表楽天2死満塁、下水流の遊ゴロを川瀬が一塁へ悪送球し同点とされ、肩を落とす和田 (撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク11-4楽天>◇18日◇ペイペイドーム

ソフトバンク先発和田毅投手が8勝目を逃した。2-2同点で迎えた5回、1死一、三塁のピンチを招いて浅村を迎えた場面で高橋礼にスイッチ。立ち上がりから快調な投球を続けたが、4回に同点とされた場面を反省した。

「4回の先頭打者の打球でのベースカバーを反省したい。基本的なことをもっとしっかりしないといけない」。鈴木大の打球は一塁ライナー。一塁手の中村晃が打球をはじいたが、和田のカバーが遅れた。チームは終盤に大量7点で逆転勝ち。自身の連勝も止まらなかっただけに気持ちを切り替えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加