長友佑都、代表デビューのオナイウ阿道を評価「すごく大事なポイントに」

長友佑都、代表デビューのオナイウ阿道を評価「すごく大事なポイントに」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

日本対セルビア 前半、サイドから攻め込む長友(撮影・横山健太)

<国際親善試合:日本1-0セルビア>◇11日◇ノエスタ

日本代表(FIFAランク28位)が、ピクシーことストイコビッチ監督率いるセルビア代表(同25位)に勝利した。

左サイドバックとしてスタメン出場し、キャプテンマークを巻いたDF長友佑都は「自分たちの実力を試す上でも非常にいい相手。お互いにベストメンバーではなかったかもしれないけど、チーム一丸となって戦えたし、そういうところを示せたと思います。自分自身としては手応えがありますし、日本代表としても非常に自信になる試合だったと思います」と振り返った。

FW大迫の離脱で追加招集となり、後半開始から途中出場したFWオナイウ阿道にも触れ「途中から入った選手がいいポジショニングで入ってくれていて。オナイウも、ポストプレーも入ってくれた。こういう試合ではタメがつくれるか、すごく大事なポイントになる。そういうプレーもしてくれた」と代表デビュー戦となった後輩を評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加