首位発進の谷原秀人、2打差リードで後半戦へ突入

首位発進の谷原秀人、2打差リードで後半戦へ突入

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

1番、ティーショットを放つ谷原(撮影・丹羽敏通)

<国内男子ゴルフツアー:日本オープン>◇最終日◇18日◇千葉・紫CCすみれ(7317ヤード、パー70)◇賞金総額1億5750万円(優勝賞金3150万円)◇無観客開催

最終組が前半9ホールを終え、首位で出た谷原秀人が1バーディー、ボギーなしの34とスコアを1つ伸ばし、2位との差を2打差に広げて後半に突入した。

2位で出た稲森佑貴は、9ホール全てパーで通算4アンダー。内藤寛太郎はは11ホールを終えて通算2アンダーで、スタート時点と変わらず3位となっている。

16ホールを終えて6バーディー、2ボギーとスコアを4つ伸ばした石川遼が、通算2アンダーで3位に浮上した。プロ転向初戦の金谷拓実も、12ホールを終えて2バーディー、ボギーなしで3位に浮上した。

第3ラウンドの13番での誤所からのプレーで、2罰打を加えて通算2アンダーからのスタートにスコアが修正された河本力は、同1アンダーにスコアを落とし、順位も3位から6位に下げて11ホールを終えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加