肩負傷のチーフスRBエドワーズ・ヒレアーはスティーラーズ戦から除外

肩負傷のチーフスRBエドワーズ・ヒレアーはスティーラーズ戦から除外

  • NFL JAPAN.COM
  • 更新日:2022/01/15
No image

カンザスシティ・チーフスのクライド・エドワーズ・ヒレアー【AP Photo/Ed Zurga】

カンザスシティ・チーフスのランニングバック(RB)クライド・エドワーズ・ヒレアーの復帰はスーパーワイルドカード週末に間に合いそうにない。

チーフスのヘッドコーチ(HC)アンディ・リードは肩のケガが原因でレギュラーシーズン最終2試合の欠場を余儀なくされたエドワーズ・ヒレアーを今回も除外することになったと発表。今週、検査を実施したが、現地16日(日)夜に開催されるピッツバーグ・スティーラーズとの再戦でプレーできるほど十分な回復は見られなかったという。

プロ2年目のシーズンにあたる今季、エドワーズ・ヒレアーはケガに悩まされてわずか10試合しか出場せずにキャリー119回にとどまっている。チーフスはダレル・ウィリアムズやデリック・ゴア、ジェリック・マッキノンなどをエドワーズ・ヒレアーの代わりに出場させざるを得なかった。ウィリアムズは今季通算558ヤードでタッチダウン6回とチーフス全体をランでリードしている一方で、エドワーズ・ヒレアーは7試合を欠場したにもかかわらず、ウィリアムズに次ぐ2位につけている。スーパーワイルドカード週末を迎えるにあたり、チーフスがランでリーグ中盤の16位につけているのは当然だと言えよう。

どちらかといえば、チーフスはこのような状況に慣れている。シーズン第16週にスティーラーズと対戦したとき、エドワーズ・ヒレアーはキャリー9回で27 ヤード、タッチダウン1回をマークした後に肩の負傷で途中離脱しているが、その後にチーフスはウィリアムズとゴアに頼って合計98ランヤードを獲得し、36対10で快勝した。

今週末に行われる試合でも勝利して、2021年のスティーラーズ戦の成績を2勝0敗にするべく、チーフスは同様のアプローチで臨む必要がある。

【RA】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加