厳しい寒さ続く 凍結に注意 気象予報士解説

厳しい寒さ続く 凍結に注意 気象予報士解説

  • MBCニュース
  • 更新日:2023/01/25

25日は日中も気温が上がらず、鹿児島市の最高気温は5.5度でした。そして、26日朝の予想がマイナス3度、厳しい冷え込みが続きます。

各地の予想最低気温です。県本土は全地点で氷点下の予想。

伊佐市大口はマイナス9度、鹿屋市でマイナス6度。

放射冷却や上空の寒気によって、26日朝も10年に一度程度の低温となる予想です。

上空の寒気を見てみます。25日正午もまだ、平地でも雪の目安のマイナス6度以下の寒気が十島村付近まで覆っています。

この先、動かします。一度、寒気は北上しますが、27日・金曜日ごろに再び南下を始めます。そして、土曜日にはマイナス6度以下の寒気が種子屋久付近まで覆う予想です。

週間予報を見ます。再び寒気に覆われる28日・土曜日には、雪の予想です。薩摩地方の山地を中心に積もるおそれがあります。

今回の雪は、市街地ではずいぶんと解けてきていますが、路面凍結などにはまだ注意が必要です。

こちらは25日午前11時ごろに、鹿児島市で発生した車の横転事故の映像です。事故現場手前の道路は太陽の光が当たっていて、雪は解け乾いています。

しかし、建物の陰に当たる場所ではまだ雪が残り押し固められ、凍っています。非常に滑りやすくなっていたため、車もスリップし、横転したと見られています。

周りの雪が解けていても、まだ山間の木々が多い場所。それから、市街地の建物の陰に当たる場所では雪が残り、路面が凍結しているおそれがあります。

26日朝まで低温状態が続くため、車のスリップや横転に注意が必要です。路面の凍結は日陰、そして橋の上やトンネルの入り口も危険です。

また、水道管の凍結の恐れがあります。引き続き対策を行うようにしましょう。

No image

厳しい寒さ続く 凍結に注意 気象予報士解説

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加