354kgナマコ密漁で逮捕 繰り返し...被害は1.4トンか

354kgナマコ密漁で逮捕 繰り返し...被害は1.4トンか

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2023/05/26
No image

福岡・柳川市の漁港を走る、海上保安部の職員。
港に戻ってきたばかりの1隻の船に近づく。

これは4月20日早朝、三池海上保安部が撮影した、ナマコ密漁の容疑逮捕の瞬間をとらえた映像。

漁船に乗っていたオレンジ色の服を着た男を取り囲むと...。

海上保安部職員「熊本県海域で(ナマコを)とっちゃだめなところで、(ナマコを)持っていたので、現行犯逮捕します。今の時間(午前)5時31分」

現行犯逮捕されたのは、柳川市の漁業関係者の男2人。

2人は、熊本・上天草諸島の沿岸海域で、潜水器を使って、ナマコおよそ354kgを密漁した疑いが持たれている。

その後の捜査で、2人は、2022年12月から5回にわたり、同じエリアで密漁を繰り返していたこともわかり、密猟されたナマコの量は、あわせて1.4トン、被害総額は140万円にのぼるという。

「海の宝石」といわれるナマコの密漁。

逮捕された2人は、「金のためにやった」と容疑を認めているという。

テレビ西日本

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加