札幌・旧36号線沿い里塚2条3丁目にセイコーマート新規出店

札幌・旧36号線沿い里塚2条3丁目にセイコーマート新規出店

  • 北海道リアルエコノミー
  • 更新日:2022/08/06
No image

セコマ(本社・札幌市中央区)グループのセイコーマート(同・同)は、札幌市清田区里塚2条3丁目845-11他に、セイコーマート店舗を新規出店する。出店時期は2023年以降になりそう。(写真は、札幌市清田区里塚2条3丁目のセイコーマート出店用地)

出店場所は、平岡南公園を右に見ながら大きく左にカーブして下っていく旧国道36号線が、今度は右カーブを描きながら上り始める地点。旧国道と桂台3号線の交差点北東角地で、札幌里塚郵便局の向かい。移転した札幌南徳洲会病院の駐車場として利用されていた場所。セイコーマートは、複数の個人所有だった土地約515坪(約1700㎡)を昨年、取得していた。
出店用地は、低い擁壁が施されており、旧国道との高低差があるため、セコマグループのワークデザイン(札幌市中央区)が札幌市の開発許可を受けて土地形状を変える工事を、2022年9月頃から行う。その後、店舗建設に入るため、オープンは2023年になりそう。

出店場所の近くには、2015年頃までセコマグループがボランタリーチェーン本部だったスパー里塚店(里塚2条2丁目2-1)があった。旧国道を挟んだ斜め向かい側には、「ローソン札幌里塚1条三丁目店」(里塚1条3丁目14-16)が営業している。セイコーマートの近隣店舗は、国道36号線沿いにある、さとづか店(里塚1条1丁目2-15)。

hre-admin

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加