古市憲寿氏、ファンにショック「凄い嫌な写真を待ち受けにしてる」

古市憲寿氏、ファンにショック「凄い嫌な写真を待ち受けにしてる」

  • めるも
  • 更新日:2020/10/21
No image

※画像は『ウチのガヤがすみません!』公式Twitter(@uchinogaya_ntv)より

10月13日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に、社会学者の古市憲寿氏がゲスト出演。Instagramの写真に対するこだわりや、ファンの待ち受け画像にショックを受けたエピソードを明かした。

古市憲寿氏、好感度を上げたくてやってることとは?

番組では、古市氏のSNSに見出しをつけるという企画が行われ、過去に古市氏がInstagramにアップした『串に刺さったポテトを食べている写真』を紹介。ヒロミが「(自分で)食べてるのを撮ってみたの?」と質問すると古市氏は「(人に)撮ってもらって。ちょっと可愛らしくて好感度が上がるかな?と思って(選んでみた)」と正直に話し、「そんなん思うの!?」と仰天するMCのフットボールアワー・後藤輝基に「ちょっと思うんですよ」と笑って見せた。

続けてヒロミが「凄いちゃんと美容とかにも気を使ってんのよ」と見た目にこだわりがあると証言すると「最近インスタも10枚に1枚は猫の写真を入れるようにしてて。ちょっと可愛いく(見せてます)」と明かした。

また長嶋一茂が「自分のこと可愛いと思ってるの?」と尋ねると「自分は可愛くないと思ってますけど、好感度はちょっと上げたいなって」と古市氏。またヒロミが「絶対ちゃんとキレイでいたいのよ」と言うと「汚いよりはちゃんとしておきたいんですよ。見苦しくないようにしておきたいなっていうか」と清潔感にも気を使っていると明かす。すると後藤が「前も言うてはりましたよね。ネットニュースで勝手に記事で写真上がるやん?その写真が凄い嫌や言うてね」と過去の出演時に明かした話を思い出す。

これに古市氏は「書いてることは別にどうでもいいんですけど、写真が何か昔凄いオバさんみたいな写真使われてて」と文句を言い「それでショックだったのは、友達の高校の学園祭に行ったら高校生の子から急にしゃべり掛けられて、『ファンです!』って言われて、僕が凄い嫌な写真を待ち受けにしてたんです。その子が」と明かしていた。

(めるも編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加