新型ノア/ヴォクシーをアグレッシブに仕立てる「GR」ブランドのカスタマイズパーツが登場

新型ノア/ヴォクシーをアグレッシブに仕立てる「GR」ブランドのカスタマイズパーツが登場

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/01/15

■エアロパーツはヴォクシー専用で、機能パーツとアルミホイールはノア/ヴォクシーともに対応

2022年1月13日に発表された新型トヨタノアヴォクシー。「東京オートサロン2022」では「MODELLISTA(モデリスタ)」仕様のカスタマイズモデルがそれぞれ展示されています。

その「モデリスタ」ブランドを展開しているトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、新型ノア/ヴォクシー向けとなる「GR」ブランドのカスタマイズパーツを発売しました。

No image

新型ノア/ヴォクシー向けの「GR」パーツが発売された

目玉となるエアロパーツは、新型ヴォクシー専用になっているのが最大の特徴です。

デザインコンセプトとして「KINETIC STREET PERFORMER 〜ブラックアウトが際立つストリート・スポーティスタイル〜」が掲げられています。

「GRエアロパーツセット」は、大胆なブラックアウトとLEDによるコーディネイトが特徴で、個性的なフロントマスクを創出。

「GRエアロパーツセット」は、「GRフロントスポイラー」「GRサイドスカート」「GRリヤバンパースポイラー」、スモーク調の金属調塗装が配され、アグレッシブな印象をもたらす「GRフロントバンパーガーニッシュ」の4点からなります。

No image

エアロパーツはヴォクシーのみに適合する

エアロパーツは、フラット感やステアリングレスポンスの向上など、空力性能も追求することで、カッコよさと機能性を兼ね備えています。

「GRフロントスポイラー」は、中央に大胆にブラックアウトされたウイング状の上向き面を配置。サイドから回り込むボディカラーとの組み合わせにより、シャープで押し出し感が演出されています。

No image

ヴォクシーに適合するフロントスポイラー

ボディカラーとブラックアウトが組み合わさた部分にLEDを配置することで、緻密でメカニカルな雰囲気とロー&ワイドなスタンスを構築しています。

大胆なブラックアウトを採用することで、ベース車の開口部をより大きく見せ、「GR」ブランドらしい存在感のある顔つきを生み出すことができます。

No image

ヴォクシーに適合する「GRサイドスカート」

また、「GRサイドスカート」は、フロントスポイラーから続くエッジが効いたキャラクターラインが特徴です。デザインに勢いを持たせながら、サイドビューに躍動感ももたらしています。

ホイールベース部分の造形をジグザグにクランクさせ、ボディ色を際立たせ、前後フェンダーのボリューム感と後輪の踏ん張り感も強調。

No image

ヴォクシーに対応する「GRリヤバンパースポイラー」

リヤビューを引き締める「GRリヤバンパースポイラー」は、ベース車のスリークなセンター部分に、リフレクターまわりに合わせながら大胆にブラックアウトが入れられています。これにより、後ろ姿のワイド感ももたらしています。

さらに、4本のフィンを立てたディフューザー形状がロア部分をカバー。スポーティな印象をリヤに付加しています。

No image

ヴォクシー向けの「GRフロントバンパーガーニッシュ」

「GRフロントバンパーガーニッシュ」は、ノーズ部分が強調され、睨みを効かせたアグレッシブな表情を作り出すガーニッシュ。

センターエンブレムをカバーしつつ、ノーズ部分に2段形状の立体を設けることで、アグレッシブなフロントマスクを印象づけています。スモーク調の金属調塗装との組み合わせにより、高級感ももたらします。

●「GRドアスタビライザー&GRブレースセット」は、ハンドリングの向上にも寄与

足元を飾るのは「GR18インチアルミホイール&タイヤセット」で、2種類のツインスポーク、スポーク表面のスリットによりスポーティで押し出し感を強調。

No image

ノア、ヴォクシーに対応する「GR18インチアルミホイール&タイヤセット(ブラックマイカ)」

ほかにも、エアロスタビライジングフィンにより走行安定性、ステアリングの応答性などを高める「GRスポーツサイドバイザー」、ステアリング操作時の車両反応を向上させる「GRドアスタビライザー&GRブレースセット」などの機能パーツが用意されています。

「GRドアハンドルプロテクター」「GRカーボンナンバーフレーム」なども設定されています。

エアロパーツは、ヴォクシーのみの対応になっていますが、機能パーツとホイールは、ノア、ヴォクシーともに適合します。

●「GRエアロパーツセット」価格:28万500円(塗装済)、25万7400円(素地)
●「GRフロントスポイラー(LED付)」価格:9万7900円(塗装済)、9万2400円(素地)
●「GRサイドスカート」価格:8万5800円(塗装済)、7万3700円(素地)
●「GRリヤバンパースポイラー」価格:5万8300円(塗装済)、5万2800円(素地)
●「GRフロントバンパーガーニッシュ」価格:3万8500円
●「GRスポーツサイドバイザー」価格:2万7500円
●「GR18インチアルミホイール&タイヤセット(ブラックマイカ)&TOYO TIRE TRNPATH mp7」価格:31万6800円(1台分)
●「GRドアスタビライザー&GRブレースセット」価格:3万3000円
●「GRドアハンドルプロテクター」価格:6600円(1台分)
●「GRカーボンナンバーフレーム(フロント用/リヤ用)」価格:各1万9800円

(塚田 勝弘)

あわせて読みたい

GORDON MILLER(中ホール・5)はアパレルからカスタマイズカーまで展示し、ガレージライフを提案【東京オートサロン2022】

NATS日本自動車大学校(中ホール・4)のブースにはベース車の名残がないカスタムカーがズラリ勢揃い!【東京オートサロン2022】

ARTA(中ホール・5)が手掛けた5,000万円のカスタムカー・LEGAVELOがベールを脱いだ【東京オートサロン2022】

エヌズ・ステージ(中ホール・4)はハードにカスタマイズされたジムニーを展示【東京オートサロン2022】

CVTはパンツのゴム!?免許取得&ラリー歴50年の清水和夫が登壇!最終日16日はクロエリ(黒澤恵里)登場!【東京オートサロン2022】

塚田勝弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加