中田翔が代打で6号2ラン 直接指導受けた長嶋茂雄氏の目の前で“恩返し弾”

中田翔が代打で6号2ラン 直接指導受けた長嶋茂雄氏の目の前で“恩返し弾”

  • フルカウント
  • 更新日:2022/06/23
No image

本塁打を放った巨人・中田翔【写真:中戸川知世】

代打で登場、DeNAクリスキーから右翼へ26日ぶりアーチ

■巨人 ー DeNA(23日・東京ドーム)

巨人の中田翔内野手が23日、東京ドームで行われたDeNA戦で6号2ランを放った。この日は交流戦終盤に2軍落ちしている間に、直接指導を受けた長嶋茂雄・終身名誉監督が東京ドームを訪れており、まさに恩返しの一発となった。

中田は2-7とリードされた6回、2死二塁で代打起用され、DeNA・クリスキーの2球目、真ん中への154キロストレートを右翼席へと運んだ。

5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)で放って以来、26日ぶりの本塁打。今季は2度の2軍落ちを経験するなど波に乗り切れない大砲が、覚醒なるか。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加