高杉真宙、『ナニワ金融道』主演に緊張感「どんな灰原さんにしていくべきなのか」

高杉真宙、『ナニワ金融道』主演に緊張感「どんな灰原さんにしていくべきなのか」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/11/25
No image

高杉真宙 / 撮影=山田健史

【写真】はにかんだ笑顔が“爽やかすぎる…”高杉真宙

俳優の高杉真宙が11月25日、都内にて開催された映画「ナニワ金融道」初日舞台あいさつに、加藤雅也、藤澤浩和監督と共に出席。過去に別キャストで映像化されてきた同作で演じる灰原達之という役柄に「どんな灰原さんにしていくべきなのか」と緊張感があったことを明かした。

主演を務める高杉真宙、「うれしかったですけど、緊張もしました」

全3話からなる本作は、11月25日に第1話「ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜」、12月2日に第2話「ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜」、12月9日に第3話「ナニワ金融道〜大蛇市マネーウォーズ〜」と、3週連続で劇場公開。主人公の灰原達之を高杉が、貸金業者である帝國金融の社員、桑田澄男を加藤が演じる。この日、登壇予定であった宇崎竜童は体調不良により欠席した。

今作への出演に高杉は「原作だったり他の映像作品を見たことがなかったので、今回選んでいただいて携わったからこそ、『ナニワ金融道』という作品が愛されてきた理由を知ることができました」とコメント。

続けて「(原作や過去の映像化作品などの)いろんな灰原さんがいる中で、今回はどんな灰原さんにしていくべきなのか、皆さんと一緒に作っていく上で、灰原さんという役を考えていかなければいけないので、(キャスティングは)うれしかったですけど、緊張もしました」と口にした。

また加藤は「僕は関西人なのでこういう作品はずっとやりたかったんですけど、なかなかチャンスがなく。東京の人みたいに言われる」と自身に関西のイメージがなかったと吐露。その上で「東京のバラエティ番組に関西弁で出た時に、それを見ていた人が『関西弁しゃべれるんや』って。それで今回の話がきたので、『ついにこういう役ができるか』と50代の集大成的な感じ」と感慨深げだった。

加藤雅也、「あごで使って『買うてこい』とか、そんなんは全然ないです(笑)」

現場での高杉との関係性については、加藤が「(高杉が)主役ですからね、あごで使って『買うてこい』とか、そんなんは全然ないです(笑)」とジョークを飛ばしつつ、「彼との会話の中で出てきた感覚とかアイデアはアドリブで入ったりすることはありました」と明かす。

劇中で頻出する桑田の「メモっとけメモっとけ」というせりふも加藤のアドリブだそうで、高杉は「すぐメモ出せるようにしていました。ずっとメモってました」と笑った。

最後に高杉は「この作品は教科書のような、いろいろなことを学ばせてくれる作品。子どもの頃にも、大人になっても学べていないことが僕はあるなと思っていて、お金との向き合い方って難しい。(お金に)翻弄されないように、振り回されないようにしていかなければいけないと思う」としながら、「コメディ要素もあるような、面白く楽しく見られる作品になっていますので、楽しんで見てもらえたらうれしいです」と呼びかけた。

映画「ナニワ金融道」は、11月25日から3週連続で全3話全国公開。

11月25日(金)公開 1発目「ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜」

12月2日(金)公開 2発目「ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜」

12月9日(金)公開 3発目「ナニワ金融道〜大蛇市マネーウォーズ〜」

配給:ティ・ジョイ

(C)2022「ナニワ金融道」製作委員会

◆取材・文=山田健史

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加