JALが機内食を初の一般販売、第1弾は賛否両論監修と北海道ご当地グルメ

JALが機内食を初の一般販売、第1弾は賛否両論監修と北海道ご当地グルメ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

日本航空(JAL)とJALUXは7月21日、一般販売用に新たに開発した国際線機内食を「BISTRO de SKY(ビストロですかい)」として公式通販サイト「JALショッピング」で発売した。海外旅行の機会が減るなか、 JAL国際線の気分を楽しみたいという利用者の声に応えたもの。

務安ってどこ? 韓国LCC・チェジュ航空で味わうお手軽ビビンバ

○自宅で「空の旅」気分を

JAL国際線機内食として過去実際に提供していた人気メニューをもとに、家庭でもおいしく食べられるよう特別に開発されたもの。

機内ではトレーセットとしてご提供している機内食だが、1食でも満足できるようにご飯と主菜のバランスを調整。 新たな食材の追加で彩りを添えるなど、 見た目にも楽しめるメニューとした。より機内の雰囲気が楽しめるよう、機内で人気のビーフコンソメスープとともに届けられる。

機内では、一般的な電子レンジではなく、水蒸気を使ったスチームオーブンを使用してじっくりと加熱している。この商品では家庭向けに電子レンジで温めても食材の食感やみずみずしさが残るよう調理の加熱時間を短くし、ごはんを炊く際の水分量を調整するなど最適な方法で調理が行われているという。

また、この商品はSDGs達成に向け世界の食料問題の解決に取り組む「TABLE FOR TWOプログラム」に参画。対象メニュー1食に対して20円を寄付し、開発途上国の子どもたちの学校給食1食分が贈られる。
○実際に提供された人気メニューから開発

第1弾は、東京・恵比寿の人気和食店「賛否両論」笠原将弘氏が監修した「賛否両論シリーズ」、北海道のご当地グルメをテーマにした「北海道シリーズ」の2シリーズ各3種セット。

販売は、「12食」(9,790円/送料込/3種×4食とビーフコンソメスープ12袋)と「6食」(5,890円/送料込/3種×2食とビーフコンソメスープ6袋)の2タイプ。冷凍保存で賞味期限まで30日以上で届けられる。売り切れ次第販売終了。

第2弾は8月上旬に販売予定で、国際線全路線のメニューを候補として検討しているという。第3弾以降も予定されている。自宅で「空の旅」気分を味わってみてはいかがだろうか。

山口晴子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加