国士舘8強進出 エース中西が都日野を完封し昨夏の雪辱 準々決勝は早実と対戦へ

国士舘8強進出 エース中西が都日野を完封し昨夏の雪辱 準々決勝は早実と対戦へ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京4回戦 国士舘2―0都日野(2020年8月1日 ネッツ多摩昭島)

No image

<国士舘・都日野>完封勝利の国士舘・中西(撮影・村上 大輔)

国士舘のエース中西健登投手(3年)が、都日野を完封する快投で8強進出を決めた。

昨夏3回戦で敗れた相手にリベンジを果たした。「昨年負けている相手。借りを返すつもりで、初回から全力でいった」。制球力が上がってきたシンカーが効いた。2回は1死一、三塁のピンチで二ゴロに打ち取り、流れに乗った。その後も再三走者を背負ったが、粘り強く投げてスコアボードに0を並べた。

30度超の暑さの中で投げ抜き、試合後は顔が真っ赤に。「ちょっときつかった」というが、終盤は大声で吠えて自らを奮い立たせた。「気合いで乗り切ろうと。1点もやらないつもりで投げた」と気迫の投球で因縁の相手を退けた。

次戦は3日に4強入りをかけて早実と対戦する。早実には調布シニアの後輩・清宮福太郎外野手(2年)を始め強打者がそろうが「挑戦者としてやっていきたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加