“日本郵便訴訟”最高裁が手当や休暇を認める

“日本郵便訴訟”最高裁が手当や休暇を認める

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/16
No image

動画を見る(元記事へ)

日本郵便の正社員と契約社員における祝日手当や病気休暇などの格差を不合理だとする判決を最高裁が下しました。

日本郵便の契約社員らが正社員には与えられる扶養手当や夏期冬期休暇などが認められないのは「不合理な格差」だと是正を求めていた裁判。15日に最高裁は契約社員側の勝訴を言い渡しました。不合理な格差と認められたのは扶養手当、年末年始の勤務手当、祝日の賃金、夏期冬期休暇、病気休暇の5件です。これに対して日本郵便は…。
日本郵便:「速やかに労使交渉を進め、必要な制度改正に取り組みたい」
しかし、13日に大阪医科大学の元アルバイト職員の女性が「ボーナス」を求めた裁判。そして、東京メトロの子会社の契約社員らが「退職金」を求めた裁判は、いずれも原告側の訴えを退ける判決に…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加