ライプツィヒ快勝 首位バイエルンと勝ち点2差に

ライプツィヒ快勝 首位バイエルンと勝ち点2差に

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/22
No image

20-21ドイツ・ブンデスリーガ第22節、ヘルタ・ベルリン対RBライプツィヒ。ゴールを喜ぶRBライプツィヒの選手(2021年2月21日撮影)。

【AFP=時事】20-21ドイツ・ブンデスリーガ1部は21日、第22節の試合が行われ、RBライプツィヒはアウェーでヘルタ・ベルリンを3-0で下し、首位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差を2にまで縮めた。

キャプテンを務めるマルセル・サビッツァーのミドルシュートで前半に先制した2位ライプツィヒは、後半にノルディ・ムキエレとビリ・オルバンの両DFがそれぞれ追加点をマークした。

前日の試合でバイエルンがフランクフルトに1-2で敗れたこのチャンスをしっかりと生かし、リーグ戦4連勝となったライプツィヒは王者バイエルンにプレッシャーをかけ続けている。

前週ミッドウイークには欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第1戦でリバプールに敗れたライプツィヒだが、この日は冷静なパフォーマンスを披露し立て直しに成功した。

一方のヘルタはブンデスリーガで8試合勝てていない。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加