ヤクルト・坂口、満塁から左前2点打「みんながつないでくれたので何とかしてかえしたかった」

ヤクルト・坂口、満塁から左前2点打「みんながつないでくれたので何とかしてかえしたかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/15

(セ・リーグ、ヤクルト-DeNA、16回戦、15日、神宮)

ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が「1番・一塁」で先発出場。2点を追う二回2死満塁から、左前2点打を放った。

先発左腕・坂本が投じた8球目、130キロのスライダーを逆らわずに打ち返し「みんながつないでくれたので何とかしてかえしたかった。タイムリーになってよかったです」とうなずいた。

No image

2回、2点打を放つヤクルト・坂口=神宮球場(撮影・岡田亮二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加