有馬記念ファン投票第1回中間発表 トップは皐月賞、天皇賞・秋制覇の3歳馬エフフォーリア

有馬記念ファン投票第1回中間発表 トップは皐月賞、天皇賞・秋制覇の3歳馬エフフォーリア

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/11/25
No image

第66回有馬記念・G1(12月26日・中山競馬場、芝2500メートル)のファン投票第1回中間発表(有効投票総数119万3853票)が25日にあり、今年の皐月賞、天皇賞・秋を制したエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父エピファネイア)が9万9953票で1位だった。

引退レースとなるクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父バゴ)が2位で9万3060票。3位には菊花賞を制したタイトルホルダー(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が続いた。

10位までの順位は以下の通り。

(1)エフフォーリア  9万9953票

(2)クロノジェネシス 9万3060票

(3)タイトルホルダー 8万1168票

(4)ワールドプレミア 6万1391票

(5)ソダシ      5万9070票

(6)シャフリヤール  5万2973票

(7)アカイイト    4万4084票

(8)レイパパレ    4万1878票

(9)アカイトリノムスメ4万 252票

(10)キセキ      3万7033票

WEB投票限定で、投票結果の最終発表は12月9日。第1回特別登録を行った馬のうち、ファン投票の得票の多い上位10頭に優先出走権が与えられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加