【NPBアワード】巨人戸郷翔征、最多奪三振で初タイトル「一番狙っていた賞がとれてうれしい」

【NPBアワード】巨人戸郷翔征、最多奪三振で初タイトル「一番狙っていた賞がとれてうれしい」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/11/25
No image

「NPB AWARDS 2022」でセ・リーグ最多三振奪取投手賞に輝いた巨人戸郷(左)は斉藤コミッショナーから笑顔でトロフィーを受け取る(代表撮影)

<NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD>◇25日

巨人戸郷翔征投手が4年目で初タイトルを獲得した。154奪三振でセ・リーグの最多三振奪取投手賞に輝き「三振を取ることが先発としてのバロメーター。狙いながら試合に入っているし、一番狙っていた賞がとれてうれしい」とかみしめた。

今季はチームトップの12勝も阪神青柳に1勝届かず。「最多勝とかのタイトルを狙える位置にいると思う。来年もこのステージに立てるように頑張りたい」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加