いろいろ使える「輪っか」を作る! キャンプで本当に役立つロープワーク【番外編】

いろいろ使える「輪っか」を作る! キャンプで本当に役立つロープワーク【番外編】

  • &GP
  • 更新日:2022/11/28
No image

いろいろ使える「輪っか」を作る! キャンプで本当に役立つロープワーク【番外編】

<不自由を自由にする野営スタイル>

こんにちは、「不自由は自由だ!」をモットーに、不便がいっぱいな自然の中でいかに快適に過ごせるかを考えてキャンプをしているRYUです。

キャンプを始めたばかりの人と一緒に行く時に、よく「輪っかを作っておくといいよ」と勧めるのですが、輪っかの作り方を知らない人も多くいます。

そもそも、輪っかとひと言でいっても、どのくらいの大きさがいいのか? どうやって結んだらいいのか? 分かりません。

そこで今回は、キャンプで使えるロープワークの番外編として、輪っかを作るロープワークと、その輪っかをどんな時に使うのかを紹介したいと思います。

■輪っかの活用方法

まず、輪っかをどう使うかわからないと、作る理由もわからないので、まずは輪っかの活用方法から説明します。

【活用法1】軍幕を張る際のペグダウン時に使用

No image

▲ペグダウンをする部分にあらかじめ輪っかを用意しておくと、時短になります

軍幕のボタンホールやハトメの部分に輪っかを使い、ペグダウンする際に活用しています。軍幕はペグダウン用のループがない場合が多いので、かなり多用します。特にポーランド軍幕を使う場合は非常によく使います。

【活用法2】地面に置きたくないモノを吊るす

No image

▲何かを吊るす場合によく使います。吊るしているのはクノックのウォーターコンテナ

写真では、ウォーターバッグを吊るしてます。このモデルは引っ掛ける穴が小さく、カラビナだと入りません。

なので、輪っかを通して引っ掛けて吊るします。ウォーターバッグに限らず、何かモノを吊るす時に本当に重宝します。

No image
No image

▲枝がある木なら簡単に引っ掛けられるのですが、枝がない木でも輪っかを使えばモノを吊るすことができます

No image

▲プルージック・ノットであれば自在に場所を移動・固定することが可能

私が最も使うシーンがプルージック・ノットでモノを吊るす方法です。固定ができて、移動もできる。これが一番便利なのです。

さて、輪っかの活用方法はお分かりいただけましたでしょうか? とにかく、キャンプではテーブルがない、もしくは少ないので、どうしても地面に起きたくないモノや、上に吊っておいた方がいいモノがあります。

そんな時は「吊るす」ことで対処可能です。ちなみにプルージック・ノットの作り方は以前、こちらの記事で紹介していますのでご参照ください。

輪っかの活用方法が分かったところで、次は作り方の説明をしていきます。

■輪っかの作り方

それでは実際に作ってみましょう。今回は「ダブル・フィッシャーマンズ・ノット」という、2本のロープをしっかり結びたい時に重宝する結び方です。

No image

私はパラコードを使っていますが、伸縮性のある、バンジーコードとかでもOKです。まずは40〜50cmの長さにカットしてください。

No image

右でも左でもどちらでも良いのですが、私は反時計回りにロープを回して右側を上にして交差させます。

No image

右からきているロープを上にしましたが、そのロープを手前から奥に2回巻きます。その状態が上の写真です。

No image

そして先端を右側から、先ほど作った2つの輪っかに通していきます。

No image

そして反対側の下になっていたロープを手前側から外に向かってに2回巻いていきます。

No image

今度は右側のロープの先端を、先ほど作った2つの輪っかに左から右に向かって通していきます。そうすると上の写真のようになります。

No image

最後に上の写真のように左手は左方向、右手は右方向に引っ張ります。そうすると、先ほど作ったコブが中央によって締まっていきます。これで完成です。

このダブル・フィッシャーマンズ・ノットは、しっかりと2本のロープを固定できるところと、プルージック・ノットで使う時に、このフィッシャーマンズ・ノットの部分が摩擦となって余計にしっかり留められる点が気に入っています。

さて、いかがでしたでしょうか? キャンプでは何かを吊るすことが本当に多いと思います。そんな時に輪っかがいくつもあると便利です。ぜひ皆さんもこの輪っかを複数個用意してキャンプにお出かけください! ちなみに私は10個くらいは常に携帯してます。

>> 連載

(文・写真/RYU

No image

RYU/「不自由は自由だ!」をモットーに、年間数十泊の野営を行っている。 経験、スタイルを問わず、少しでも参考になる情報を発信して行きたいと思います。Instsgramアカウント:@ryu chikazawa、YouTubeアカウント:Ryu outdoor ch#不自由は自由だ #アウトドアをこじ開けよう「初代 @sotoshiru アンバサダー」「@tobuy_official インフルエンサー」

【関連記事】
落ち葉の季節に最適! アウトドア用「コロコロ」があると間違いなく便利なことがわかった!
軍幕(USパップテント)をポールレスで張るための簡単3ステップ
覚えよう「もやい結び」!キャンプで本当に役立つロープワーク①

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加