【新型コロナ石川県】新たに28人が陽性 金沢市は小中学校に抗原検査キット配布へ

【新型コロナ石川県】新たに28人が陽性 金沢市は小中学校に抗原検査キット配布へ

  • テレビ金沢NEWS
  • 更新日:2021/09/16
No image

石川県では15日、28人の新型コロナ陽性が確認された。経路不明者は13人。一方、金沢市では子どもへの感染対策として小中学校に、教職員を対象に抗原検査キットを配布する方針。児童生徒の使用はすぐに医療機関を受診できない場合のみとしている。

石川県内では15日、新たに28人の新型コロナ陽性が確認された。半数近くが感染経路が不明となっている。

石川県内では625件の検査の結果、新たに28人の陽性が判明した。

感染者の内訳は9月8日にクラスターに認定された企業の社員寮で開かれた会食関係で1人、濃厚接触者・接触者が14人、感染経路不明者が13人。

症状別では中等症が3人軽症が24人無症状1人となっている。また、年代別では10代と20代が7人ずつ、30代と60代が4人ずつなどとなっている。

一方、金沢市では子どもへの感染対策として小中学校に、抗原検査キットを配布する方針。

その使用について、15日の市議会で、野口教育長は、原則、教職員が対象とし、児童生徒については、すぐに医療機関を受診できない場合のみで、限定的であるとした。現在、配布に向けた準備を進めているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加