新型シビックタイプRのテストカーを高画質で撮影!内装も見えた!タイヤ太っ!

新型シビックタイプRのテストカーを高画質で撮影!内装も見えた!タイヤ太っ!

  • MOBY
  • 更新日:2021/10/14

給油中のテストカーをパシャリ

No image

出典:civicxi.com

No image

出典:civicxi.com

ニュルブルクリンクでのテスト開始が発表された新型シビックタイプR。

すでにテストカーが度々目撃されていますが、今回、高画質な写真が海外のフォーラムサイトに投稿されました。

ボンネットのダクトやウイングの形状もハッキリ

No image

出典:civicxi.com

写真はさまざまな角度から撮影されていて、テストカーの各部を詳しく見ることができます。

ボンネットには先代よりも控えめのデザインとなったボンネットのダクトが備わります。アウトレットとしての機能をもたせたような形状です。

No image

出典:civicxi.com

No image

出典:civicxi.com

タイヤは先代よりもインチダウンした19インチが装着されているものの、幅は265にサイズアップするようです。ブランドもコンチネンタルからミシュランへ変更されています。

No image

出典:civicxi.com

No image

出典:civicxi.com

ウイングタイプのリアスポイラーも、横から見ると複雑な曲面を使った造形になっていることが分かります。

素材は何になるのか、カラーはボディ同色なのか、それが分かるのは発表時までお預けとなるのでしょうか?

No image

出典:civicxi.com

特徴的な3本出しのセンターマフラーは、先代と違いエンド部ではそれぞれが1本の独立したパイプとなっていることが見えます。

以前目撃されたテストカーは1本出しとなっていて、低音の効いた迫力のある排気音となっていましたが、音量を抑えるために過去のシビックタイプR(FD2型)のように可変バルブを備えているのかもしれません。

「+R」ボタンはシフトレバー横でポチリ

No image

出典:civicxi.com

No image

参考画像:新型シビックのインテリア

インテリアの写真も撮影されています。

ステアリングをはじめとした各部にアルカンターラと思われるスエード生地が貼られていることが分かりますが、基本的には新型シビックと変わりありません。

伝統の赤いタイプR専用バケットシートも装着。赤いシートベルトはかなり目立ちます。

No image

出典:civicxi.com

スポーツ走行向けのドライブモード「+R」は、ボタン式になっているように見えます。

シート同様シフトノブも伝統にのっとり、真夏にドライバーを苦しめるチタン製となっているようです。

これが最後のタイプRか…新型シビックタイプRのカモフラ解いた姿が公開に

その他の最新情報

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

※文中の参考リンクは削除されております。参考リンクは元記事(オリジナルサイト)でご確認ください。

MOBY編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加