センバツV東海大相模が決勝進出 先発大森幹大は6回途中4失点&ソロ弾

センバツV東海大相模が決勝進出 先発大森幹大は6回途中4失点&ソロ弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

東海大相模対日大藤沢 東海大相模3回表走者なし、ソロを放ち生還する大森(撮影・古川真弥)

<高校野球春季神奈川大会:東海大相模14-5日大藤沢>◇3日◇準決勝◇横浜スタジアム

今春センバツ優勝の東海大相模が決勝進出を決め、関東大会出場を確定させた。決勝は4日に行われ、準決勝第2試合の横浜対桐光学園の勝者と戦う。

先発の大森幹大投手(3年)は、4回2死から日大藤沢の4番柳沢にソロを打たれるまでノーヒットピッチング。だが、6回に3番堤坂に2ラン、さらに柳沢に2本目のソロを打たれ、降板した。5回2/3、3安打4失点だった。ただ、1-0の3回先頭で初球を振り切り、バックスクリーン左にソロを放った。

なお、門馬敬治監督が前日の練習中にボールが当たったため、大事を取って欠場。遠藤愛義コーチが監督代行を務めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加