履けるか否かだけじゃなく数ミリで走りも変わる! じつは難しい「ホイールの数字」の見方

履けるか否かだけじゃなく数ミリで走りも変わる! じつは難しい「ホイールの数字」の見方

  • WEB CARTOP
  • 更新日:2022/01/15
No image

この記事をまとめると

■アルミホイール選びの際に出てくる「J」と「インセット」の詳細を解説

■リムの幅で走りの方向性を決めることができる

■インセットの選び方で「ツラ」具合を調整できる

数字だらけでよくわからないホイールサイズの話

ホイール選びの際にややこしいのがインセットとリム幅。ドレスアップならなるべくリム幅を広くして、インセット値を小さくしてツライチに近づけたいというところだろうが、インセットやリム幅で走りがどう変わるかも知っておこう。

No image

まずリム幅の話。

タイヤのカタログを見てみると、タイヤのサイズにマッチするホイールサイズ=標準リム幅と適用リム幅が紹介されている。通常は、この標準リム幅のホイールを装着すれば間違いなし。

たとえば、タイヤが245/40-18なら、標準リムは8.5J。そして適用リム幅として8J、9J、9.5Jが並んでいる。標準リム幅でなくても、適用リム幅の範囲であれば、安全に使用することができるが、標準リム幅より広いリム幅のホイールを選ぶと、同じサイズの同じタイヤ(同じ空気圧)でも、タイヤのケース剛性が上がったような状態になり、コーナリングパワー(CP)が高くなる傾向がある。

No image

ステアリング操作に対してよりクイックなレスポンスを求める人は、適用範囲のなかで、リム幅の広いホイールを選ぶのもいいだろう。その反面、乗り心地は悪くなり(幅の広いホイールはバネ下重量も重くなる)、縁石などでリムを擦るリスクも増えるので要注意。

No image

反対に標準リム幅より細いホイールをチョイスすると、サイドウォールの剛性感がソフトになりにレスポンス面ではマイルドに、その代わり、最後にもうひと切り、切り足せる特性が得られる。コンフォート性も向上するがクイック感は薄れる。

好みにもよるが、タイヤの性能を引き出すことだけを考えたら、標準リム幅が最適解だ。

「+○○」や「ー○○」と書かれている数字の意味

もうひとつはインセット。

インセットの単位は「ミリ」で、インセット+45のホイールを+40に交換すると、5ミリホイールの中心が外側に移動し、ツライチに近づくことになる。

No image

ただし、その分だけキングピン軸とタイヤの接地中心との距離(スクラブ半径)が伸びるので、タイヤは加速時にトーイン、減速時にトーアウトになって不安定になりやすい。またインセットが変わるということはトレッドが変わるということにもなる。

トレッドはハンドリングに大きな影響がある数字で、トレッドが広がると安定感は増すがシャープさは薄れる。とくにフロントのトレッドが広がるとハンドリングの切れ味はスポイルされ、アンダー気味になるので要注意。

No image

数ミリの違いでも走りに大きく影響するので、インセットを変更するときはプロショップとよく相談してから決めるようにしよう。

No image

藤田竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加