広瀬アリス、イケメンになってキャーキャー言われたい?志尊淳に羨望の眼差し

広瀬アリス、イケメンになってキャーキャー言われたい?志尊淳に羨望の眼差し

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/05/13
No image

志尊淳と広瀬アリス

志尊淳広瀬アリスが13日、都内で行われた映画『バブル』の初日舞台あいさつに出席。広瀬がイケメンになりたい願望を明かして志尊とのトークを展開した。この日は志尊と広瀬とともにボイスキャストを務めた梶裕貴畠中祐千本木彩花逢坂良太荒木哲郎監督も登壇した。

本作は『進撃の巨人』シリーズなどの荒木哲郎監督によるアクションアニメ映画。世界に降り注いだ謎の泡の影響で、重力のバランスが壊れた東京は、ビルからビルを駆け回る若者たちによるパルクールチームがバトルに興じる場となっていた。チームの一員ヒビキは、無軌道なプレイのせいで海へと転落。不思議な力を持つ少女ウタが現れ、彼の命を救うと、彼らは自分たちにだけ特別な音が聞こえることに気付く。志尊が渋谷を拠点とするバトルクールチーム・ブルーブレイズのエースで、幼い頃から特殊な聴覚を持つ主人公のヒビキ、広瀬がブルーブレイズが暮らす船・令洋で共に生活を送っている女性科学者のマコトに声をあてている。

この日の舞台あいさつでは、スクリーンに制作のきっかけとなったという荒木監督の描いた人魚が海から廃墟の都市を眺める絵が映し出された。志尊はそれを見て「荒木さんが長い月をかけて作って来たというお話を近くで聞いて、それをみなさんに届けられる。これが創作だなって。すごい嬉しい気持ちです」と感慨深げ。ぜひ映画館で観てほしいとも呼びかけ、「アクションの躍動感を感じてほしい。映画館の方が奥行きを感じると思います」と見どころにアクションを挙げる。

声優としての仕事については「今回楽しかったけど、プレッシャーもあって、純粋に楽しめないところもあった」と葛藤があったとのこと。その上で「実力派声優になりたい」と感じたといい、「(共演する声優)みなさんの能力を譲ってもらえないかなって。ノウハウが何かもすらわからない。(声優さんは)考え方も物事の捉え方も違う。そんな細部までこだわってやっているのかと思うとなおさら肩身が狭くて。一人ずつの能力が欲しい」と話した。

広瀬も「とても緊張しています」と劇場公開初日を迎えた心境を話す。作品については「初めて観た時はこの作品はぜひ劇場で体感してもらわないと思いました」と志尊と同じく躍動感のある描写に感銘を受けたという。「パルクールのシーンは迫力がありますし、最初から最後まで気持ちが高揚します。それをぜひ体感してほしいです。その人の景色が自分の主観のようになります」と紹介した。

この日は、本作にちなんで「自分以外に姿を変えられるなら?」というお題も。広瀬は「イケメン」と茶目っ気たっぷりな回答で「男の子に小さい頃から憧れていて、女の子でスカート履いてとか言われると嫌で」と自身の体験を紹介。「一度、キャーキャー言われてみたいなって思うんです。(声援を)浴びてみたいなって」と話し、志尊を羨ましげに見る。これに志尊は「僕は浴びてないです」と謙遜しつつ、「(浴びると)めちゃくちゃ気持ちいいです。そのために仕事頑張ろうって思うくらい」と切り返して会場を笑わせていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『バブル』は全国公開中

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加