不法出国、偽証...ゴーン被告審理見通し立たず 検察「いつか絶対に」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/09/15

カルロス・ゴーン被告が昨年末、レバノンに逃亡し、「主役不在のむなしい裁判」(検察幹部)となったグレゴリー・ケリー被告らの初公判。事件のハイライトともいえるゴーン被告による特別背任事件など一連の審理は、ゴーン被告の逃亡によって見通しはまったく立っていない。
 ゴーン被告は報酬過少記載事件のほか、オマーンやサウジアラビアの知人側に日産資金を不正に支出したとされる特別背任事件などでも起訴された。昨年末に

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加